ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(カンボジア) カンボジア王国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

カンボジアについて

インドシナ半島に位置し、ラオス、ベトナム、タイと国境を接し、南部は南シナ海に面しています。国土は日本の半分弱の広さで、クメール人が国民の90%以上を占め、宗教は上座部仏教が主流です。1970年代のクメール・ルージュ率いるポル・ポト政権による大量虐殺やその後の内戦を経て、1990年代に民主的な選挙が行われ、立憲君主制国家として歩んでいます。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

カンボジア:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

チャイスポ申込み1

カンボジアの支援活動を担当するスタッフの想い

【ブログ】プロ失格~カンボジアでTVプロデューサーが見せた涙の理由

ワールド・ビジョン・ジャパン制作テレビ番組の撮影のために、カンボジアのスラムを訪れたプロデューサーの梅原さん。耳の不自由なお父さんと支え合って生きる、ソリカちゃんという女の子に出会いました。二人のインタビュー中、カメラが回っているにもかかわらず、涙が溢れ、嗚咽が止まらなかった理由とは――。(全文を読む


カンボジアの支援地域について

ボレイ・チュルサール地域開発プログラム(CAM-198338)

  • 支援期間:2011年~2027年*
  • 民族:クメール人
  • 支援地域の課題:
    ・保健・栄養改善:安全な水を得るための設備や衛生的なトイレ、手洗いなどの衛生習慣が普及していない
    ・教育の質:教師の指導力に課題があり、授業の質が低い
    ・子どもの保護:人権への意識が低く、家庭内暴力、児童虐待の被害が多い
    課題について詳しく見るpdfアイコン
    2021年度の支援活動と成果を詳しく見るpdfアイコン

トモ・プオ地域開発プログラム(CAM-195745)

  • 支援期間:2010年~2026年*
  • 民族:クメール人
  • 支援地域の課題:
    ・保健・栄養改善:低身長の子ども 27%(2016年)
    ・水衛生:安全な水源から水を得られない人の割合 97%(2015年)
    ・教育の質:9年間の基礎教育を修了できない子ども 18%(2014年)
    ・出稼ぎ者の増加:家族が出稼ぎに行っている世帯 39%(2015年)
    課題について詳しく見るpdfアイコン
    2021年度の支援活動と成果を詳しく見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

カンボジアの支援地域から届いた動画

地域の人々とともに、家庭学習支援、学校などの地域の環境改善、子育て研修などの活動を行いました(ボレイ・チュルサール地域、2021年)
「読書が大好きです。読書キャンプに参加していろいろなことを勉強しています」と話すのは、トモ・プオ地域のソフィークちゃん(11歳)です(2021年)
水衛生分野の支援により、地域の人々がトイレを使うようになり、健康状態が改善しました(ボレイ・チュルサール地域、2020年)

カンボジアの支援地域の活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

カンボジアの支援地域に関するお知らせ

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴル

アフリカ

ウガンダエスワティニ(スワジランド)エチオピアケニアコンゴ民主共和国タンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは