水衛生

世界の10人に1人は安全な水を利用できません

安全な水が手に入らない7億4,800万人

安全な水は毎日の生活や子どもたちの健やかな成長に不可欠です。

しかし、世界全体で7億4,800万人、つまり10人に1人は安全な水が手に入らない状況で暮らしています。配水管からひかれた水や公共の蛇口、掘り抜き井戸等を飲用水源として利用できないということです。そのため、池や川から汲んできた水を飲用し、料理や手洗いにも使って生活しています。

そして、水汲みのために数十キロ歩かなければならない子どもたちは、学校に行く時間や友だちと遊ぶ時間を奪われています。

水が入った重いタンクを頭にのせて歩く子どもたち写真
水が入った重いタンクを頭にのせて歩く子どもたち(モザンビーク)

子どもたちの命を奪う水

病原菌や寄生虫によって汚染された水は様々な病気を引き起こします。特に子どもたちの知能の発達や身体の成長に取り返しのつかない影響を及ぼし、抵抗力の弱い幼い子どもたちは下痢によって脱水症状に陥り命を落としています。下痢性の病気により5歳を迎える前に命を落とす子どもたちは毎日1,400人にのぼり、5歳未満児死亡原因の中で下痢性疾患は肺炎に次ぐ2大要因となっています。

水を汲む子ども写真
家畜も使うこの水源は決して安全とは言えませんが水を汲むことができる場所はここしかありません(エチオピア)

身近な衛生問題:「トイレ」と「手洗い」

世界では25億人が改善された衛生設備(トイレ)を使用できない環境に置かれています。その3分の2がアジア、4分の1がサハラ以南のアフリカに住んでいます。また、安全な水やトイレの利用の面において農村部と都市部で著しい格差が生じ続けています。

また、基礎的な衛生に対する関心を高め、根強く残る屋外排せつを改善し、トイレの後や食前の手洗いといった適切な衛生習慣を身に付けられるよう働きかける必要もあります。ワールド・ビジョンは衛生に関する啓発と行動変革を目指したワークショップを実施しています。

手洗いワークショップに参加するベトナムの子どもたち写真
手洗いワークショップに参加する子どもたち。手を洗う習慣は幼いうちに身に付けることが重要です(ベトナム)

地域の人々が主体の水衛生プログラム

ワールド・ビジョンは支援地域の人々とともに、トイレ整備のほか、井戸や貯水タンクの設置等の活動を行っています。また、支援地域の人々が主体的に、水資源を有効にまた持続的に管理できるよう、「水委員会」などの住民組織の立ち上げや運営を支援しています。

このような水衛生プログラムを教育、保健、栄養、生計向上等の取組みとともに行うことで、安全な水と衛生的な環境が、持続可能な形で貧しい地域に住む人々に届けられています。

 

データ出典:ユニセフ

ダンくん写真
ダンくんの住む地域では人々がWVとともに作った最初のトイレが衛生面の改善をもたらした良い例として広がっています(カンボジア)

ワールド・ビジョン・ジャパンの活動

今、あなたにできること

世界の問題と子どもたち