よくある質問

チャイルド・スポンサーシップについて

Q 4,500円の支援金は、チャイルドのためにどのように使われますか?

A  現金や物を提供する支援では根本的な問題解決にはならないという経験から、チャイルド・スポンサーシップでは、長期計画に基づいたプログラムを実施しています。

このプログラムは、チャイルド個人への教育支援、予防接種、病気治療などだけではなく、チャイルドを取り巻く様々な環境の改善を目指すものです。

例えば、職業訓練、農業技術指導、識字教育、保健員・教師の訓練などを通して人々が成長すること、 学校建設、安全な水の確保、保健医施設の整備、ローン貸付、道路や橋など基本的な社会基盤の充実により地域が成長することを目指します。
皆さまからの支援金はこの長期的成果を目指すプログラム実施のために大切に使わせていただきます。
チャイルドに現金を渡すという支援は行っていません。

リンク各支援地の活動報告はこちら

リンク会計報告はこちら


Q チャイルド・スポンサーシップは子どもたちを助けるのに本当に効果的な方法ですか?

A  開発途上国の子どもをとりまく貧困を解決するために効果的な支援プログラムであることが、世界各地の支援現場から報告されています。

ワールド・ビジョンは、50年以上に及ぶチャイルド・スポンサーシップの活動経験から、貧困に苦しむ子どもたちへの支援は、単に物を与えたり、 学費支援をするということだけでは解決しないことを学びました。


まず、子どもたちが健康に育つことが必要であり、栄養のある食物や予防接種、子どもを育てる両親の収入向上が不可欠です。 またそのためには安全な水の確保、農業など基盤となっている産業の確立、保健機関の充実といった地域レベルの問題解決が必要となります。
このように、子どもを取り巻く環境の改善がなければ子どもの幸せを望むことはできません。

チャイルド・スポンサーシップは、そのような課題を解決し子どもたちへ希望ある未来を提供するために、地域の人々とともに考え、計画、実行していく支援プログラムです。
一方的に与えるだけの支援は、人々の自立を妨げることがあります。 チャイルド・スポンサーシップの支援活動は、支援する地域の人々が、他からの支援がなくとも自分たちで子どもたちを健康に育て、 学校に通わせ、地域の問題を解決できるようになることを目指しています。
そのような環境の中で、子どもたちは安心して学校で学び、将来への夢や希望をもつことができるようになるのです。

リンクどうやって貧困を解決するの?もあわせてご覧ください。


Q チャイルド・スポンサーシップ・プログラムはどのように始まったのですか?

A  ワールド・ビジョンの創設者であるアメリカ人のボブ・ピアスは、1948年にキリスト教の宣教師として派遣された中国で出会った少女の生活費と学費を支援することになりました。

ボブ・ピアスの「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」という愛の心から始まったこの支援活動が、 チャイルド・スポンサーシップ・プログラムの原型となり、1950年のワールド・ビジョン設立後、1953年から開始されました。

支援活動の継続、拡大とともに、子どもに直接現金を送る支援では、その成果の持続性に問題があることがわかり、チャイルド・スポンサーシップはやがて、 子どもと支援者の絆を大切にした地域開発支援として発展していくことになり、現在に至っています。


Q チャイルドはどのようにして選ばれるのですか?

A  支援地によりチャイルドを選ぶ基準は異なりますが、文化、社会、自主性を尊重しながら、支援地域ごとに基準を設定し、チャイルドを選んでいます。

具体的には、貧困の状況、家庭環境(親が健在であるかなど)、教育への関心度などの項目を決めて該当項目が多い順に選びます。

保護者の活動への理解も大切な項目で、登録の際には、親や地域住民の了承のもと、チャイルドとして登録しています。 以下は、エチオピアの基準例です。多くの項目に該当する子どもが選ばれます。

  • 片親しかいない、親に捨てられた、貧しい親類に預けられている。
  • 家が経済的に貧しい。
  • 登録の時点で、年齢が3歳から10歳。(必須)
  • その地域の定住者であること。(必須)
  • 保護者が子どもの通学を認めている。

Q 特定の子どもを選んで支援するのは、不公平ではないですか?

A  チャイルド・スポンサーシップでは、チャイルド・スポンサーの方に支援地域に住む子ども(チャイルド)をご紹介しますが、支援活動はチャイルドだけでなく、支援地域に住む子どもたち全体を対象としています。

チャイルドを選ぶ基準は支援地域によって異なりますが、貧困の状況や、家庭環境(親が健在であるかなど)に配慮しています。支援内容は子どもや家族の必要に応じて決定されますが、チャイルドだけに公平さを欠いた支援が行われることはありません。

保護者の活動への理解も大切な項目で、登録の際には、親や地域住民の了承のもと、チャイルドとして登録しています。 以下は、エチオピアの基準例です。多くの項目に該当する子どもが選ばれます。


Q 住んでいる場所、性別、年齢で、チャイルドを検索して選べる理由を教えてください

A  チャイルド・スポンサーシップに申込むにあたって、紹介するチャイルドをWVJにお任せいただくこともでき、必ずしも、チャイルドを検索していただく必要はありません。

しかし、これまでにも、ご自身のお子様と年齢が近いチャイルドがいい、または、いつか訪ねたいと思っている国のチャイルドがいい、というようなご希望をいただくことがあり、チャイルドとのつながりをより大切に思っていただけるきっかけとして用意しています。子どもたちの保護のため、顔写真・住んでいる国・ファーストネーム・年齢のみを表示しています。


Q 私のチャイルドのチャイルド・スポンサーとなっている人は、ほかにもいるのですか?

A  いいえ。

1人のチャイルドを、1人のスポンサーの方に紹介しています。


Q 何人まで支援できるのですか?

A  何人でも、希望される人数のチャイルドのチャイルド・スポンサーになっていただくことができます。

ワールド・ビジョンで支援してくださる方の中では、2人以上のチャイルドを支援してくださっている方も多くいらっしゃいます。

ご自分のお子様と同じ年齢のチャイルドをお選びになる方もいらっしゃり、チャイルドとのやりとりを通して、 開発途上国における人生の困難やそれを乗り越える姿勢をお子様が学び、思いやりの育成につながっているという報告もいただいています。


Q チャイルドを支援する時に、国や性別を希望することはできますか?

A  はい。

国・性別のご希望をお伺いしています。
ワールド・ビジョン・ジャパンのホームページや申込書にチャイルド・スポンサーシップを行っている国を掲載しています。
ご希望の国や性別がありましたらお申し込みの際にお知らせください。

プログラムの支援状況等によりご希望の国・性別のチャイルドをご紹介できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。


Q 申込み後に「チャイルド紹介カード」が届きました。チャイルドの写真やプロフィールを見ると、キレイな洋服を着ていて両親もいるようですが、本当に支援が必要ですか?

A ご覧になった印象で支援が必要に見えないチャイルドも支援対象地域に暮らしており、チャイルド・スポンサーの皆さまのご支援を必要としています

持っている服の中で一番良い物を着てスポンサーへの写真を撮ってもらおうと準備したり、友人に服を借りてくることもあります。
また、両親がいても、安定した収入がないなどの理由で支援を必要としている子どもや、さまざまな理由で学校に通っていない子どもがいます。


リンクチャイルド「チャイルド紹介カード」の情報について」のページもご参照ください。

チャイルドの紹介カードのサンプル



Q 支援の成果はどのように知ることができますか?

A 1年に一度、チャイルドの「成長報告」をお届けしています。

「成長報告」では、成長したチャイルドの写真と教育・健康状態に加えて、チャイルドが暮らす地域で行った支援活動とその成果についてご報告します。チャイルドが安心して生活・勉強をするために、地域では様々な支援活動が行われています。

チャイルドの成長とあわせてその成果をご覧ください。


Q 支援はいつまで続くのですか?

A  ケース1. チャイルドが住む地域のプログラムが終了するまでです
プログラムは開始時に、支援期間や最終目標を設定し、地域の人々とともに活動を行っていきます。
目標が達成され、地域の人々だけで活動を続けていくことができると判断された時に、喜びとともにプログラムが終了します。 それと同時に、その地域に住むチャイルドとの交流も終了します。
  ケース2. チャイルド個人の状況の変化により支援が終了することがあります。
チャイルドが学校を卒業して仕事についたり、チャイルドの家族が支援により経済的に力をつけたと判断された場合、チャイルドとしての登録は終了します。
またそのほか、支援地域外への引越しや様々な理由でチャイルドが支援の対象から外れることがあります。

いずれの場合も、皆さまにはできるだけ早く情報をお知らせいたします。


Q 支援を途中で中止することはできますか?

A  支援期間は自由ですが、支援の成果を実感していただくためにも、1年は継続していただければと願っています。

様々な事情で支援を続けられなくなった場合はご連絡ください。お手続きをさせていただきます
(金融機関との手続きの関係上、中止のご連絡をいただいてから実際にご支援金の引き落としを止めるまでに
1カ月程度お時間がかかります)。

チャイルド・スポンサーシップの手続きについて

Q グループでチャイルド・スポンサーシップに申込むことはできますか?

A  はい、できます。ご夫婦で、お友達同士で、学校のクラスで、企業としてなど、グループでご支援くださっている方々もいらっしゃいます。

より多くの方にチャイルド・スポンサーシップの支援の喜びを知っていただきたいと願っています。

ぜひ身近な方にお声がけいただき、支援の参加をご検討ください。

チャイルド・スポンサーシップの申込フォームで「団体」をお選びいただき、団体名(企業、学校、グループ名など)、代表者のお名前/ご連絡先をご記入ください。

※法人以外のグループとしてのご支援の場合、寄付金控除の対象にはなりませんので、あらかじめご了承ください。


Q 夫婦連名でチャイルド・スポンサーシップに申込むことはできますか?

A  連名にすると、寄付金控除等のお手続きで領収証をご利用できなくなるため、お勧めしていません。支援地に伝えるローマ字のお名前を連名にしていただくことができます。ローマ字のお名前は、チャイルドに伝えたいニックネームやグループ名を登録していただくこともできます。

寄付金控除等の手続きをされる場合は、手続きをする方の名義で「お名前(漢字)」を登録しておくことをお勧めします。

税額控除、所得控除のいずれかを選んで寄付金控除等のお手続きをされる場合で奥様がご主人様の扶養に入られている場合は、ご主人様名義で「お名前(漢字)」を登録しておく必要があります。

【申込みフォーム記入方法】

例1: 山田太郎さん・花子さんご夫婦が、2人の名前を連名でチャイルドに伝えたい場合 
→「お名前(ローマ字)」欄にご記入ください。











ローマ字のお名前に3人以上の名前や、ニックネームを登録したい場合は、申込みフォームの最後の項目、「メモ」欄にローマ字半角30文字以内でお知らせください。(その場合、「お名前(ローマ字)」には「お名前(漢字)」の読み方を入力してください)


例2:山田太郎さんが、奥様の花子さん、息子のヒロシくん3人の名前をチャイルドに伝えたい場合
 

→ 「メモ」欄に希望をご記入ください。

Q これまで私の名義で支援してきましたが、寄付金控除を受けるため、夫の名義に変更したいです。でも、チャイルドとの手紙のやりとりは今までどおり私がするのですが・・・、どうすればいいでしょうか?

A  支援地に伝えているローマ字のお名前はそのままにしておき、漢字のお名前だけご主人様の名義に変更する手続きができます。


お手続きを承りました翌月からご主人様名義としてご支援金をお預かりすることができます。支援の途中からでも可能です。変更手続にあたり確認事項がありますので、ワールド・ビジョン・ジャパンまでご連絡ください。

ローマ字のお名前をご自身のままにするか、ご主人様のお名前に変更するか、お二人の連名にするか等のご希望も合わせてお知らせください。変更を希望される場合は、新しいローマ字のお名前を半角30文字以内お知らせください。


Q 海外在住ですが、チャイルド・スポンサーシップに申込むことができますか?

A 在住の国にワールド・ビジョン事務局がある場合は、現地ワールド・ビジョンを通してご協力ください。

在住国にワールド・ビジョンの事務局がない場合は、ワールド・ビジョン・ジャパンまでご相談ください。


Q 友人に同じチャイルドを引き継いで支援してもらうことはできますか?

A はい。登録名の変更をご希望の場合は、変更される名前、住所、電話番号、メールアドレス、送金方法をお知らせください。


登録名変更の手続き完了後に、郵送にて、新しい登録内容をご案内いたします。

登録名を変更しますと、変更前と同じ金融機関の口座、クレジットカードからの送金希望でも改めて利用申込書にご記入いただく必要がございますので、ご了承ください。また、年間の途中で、登録名変更の手続きが発生しますと、翌1月に発行する領収証は、変更前の名義宛の領収証と、変更後の名義宛の領収証の2枚の発行になります。ご了承ください。



Q 登録情報の変更はどのようにすればよいですか?

A  住所、電話番号、メールアドレス、送金方法の変更などは、マイ ワールド・ビジョンから手続きしていただけます。

住所変更手続き完了後でも、すでに発送準備が開始されている郵送物がある場合は、旧住所に配送されます。
もし配送されずにワールド・ビジョン・ジャパンに戻ってきた場合は、新住所に再送させていただきますので、ご了承ください。

また、郵送費削減のため宛名、パートナー番号以外の個人情報を含まない郵送物に関しては、メール便など郵送費の安い方法でお送りさせていただきますので、私書箱、郵便局止めの登録住所は、ご登録いただけません。

チャイルド・スポンサーシップの支援金について

Q 支援金はどのように送金すればよいですか?

A チャイルド・スポンサーシップ支援金の送金方法は3種類あります。

1. クレジットカード利用による自動振替
(VISA/MasterCard/セゾンカード/JCB/AMERICAN EXPRESSのクレジットカードがご利用いただけます)


2. 各種金融機関からの口座振替

※クレジットカードや金融機関からの振替ですと、事務経費を削減し、より多くの支援金を現地での活動にあてることができます。 ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

3. コンビニエンスストアや郵便局からの払込み(年払い、半年払い)
事務局より定期的に専用払込用紙を送付いたします。年払い、半年払いが可能です。

郵便局備え付けの払込用紙にてご送金される場合は、次の払込先にお願いします。


特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン
口座番号 00130-6-254059

※住所、氏名、電話番号をご記入ください。
※郵便局に備え付けの用紙をご利用いただいた場合は、
  チャイルド・スポンサーシップ支援金とは別に手数料をご負担いただくことになります。
※募金目的は、「チャイルド・スポンサーシップのため」とご記入ください。

送金方法の変更は、マイ ワールド・ビジョンからお手続きいただけます。


Q 寄付をしたら領収証がもらえますか?

A  はい。 領収証は毎年1月に、前年分の寄付について発行いたします。

企業の方には、お知らせいただきました決算月の翌月に送付いたします。

領収証を受け取るまでは、支援金を払込みいただいた際に、お手許に残る「払込票兼受領書」等の控えは大切に保管してください。

紛失などによる領収証の再発行はいたしかねます。
領収証の宛先は、当団体へのご登録名とさせていただきます。


Q 税金控除などの優遇措置は受けられますか?

A  はい。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、2002年5月、国税庁により「認定NPO法人」として認定され、その後のNPO法の改正を受け、2014年8月に東京都により改めて認定されています。
これにより(1)「個人の方」、(2)「法人の方」のご支援、(3)「相続または遺贈により取得された財産のご寄附」などが寄付金控除の対象となります。 本団体より発行する「領収証」をもとに所轄税務署へ確定申告などを行ってください。年末調整などでは控除ができませんのでご注意ください。

リンク「寄付金控除等/領収証」のページもご参照ください。

チャイルド・スポンサーシップの手紙、プレゼントについて

Q チャイルドへの手紙はどうやって書くのですか?

A  チャイルドへの手紙は、日本語、英語または、チャイルドが住む国の現地語でお書きいただけます。

日本語で手紙を書いた場合は、ワールド・ビジョン・ジャパンの東京事務所までお送りください。こちらで翻訳し、現地事務所へ送ります。英語、現地語で手紙を書いた場合は、現地事務所にお送りください。

チャイルド・プロテクションの観点から、手紙に住所、Eメールアドレスなどの個人情報はお書きにならないでください。
支援を終了したチャイルドにはお手紙をお届けすることができません
詳しくは、「手紙の書き方」のページをご参照ください。
なお、手紙は必ず書かなくてはならないものではありません。


Q チャイルドからの手紙はいつ届きますか?

A 1年に1度、グリーティングカード(クリスマスカード・新年のご挨拶)をチャイルドからお送りします。

また、スポンサーがチャイルドに手紙を出してくださった場合は、返事が届きます。


Q手紙を出したら、どれくらいで返事が届きますか?

A  およそ4カ月から5カ月後に届きます。

現地事務所での手紙の受取り手続き、事務所からチャイルドの住む地域までが遠いこと、郵便事情のほか、現地語から英語への翻訳も必要なため時間がかかります。5カ月たっても返事が来ないときは、いつ何をお送りくださったかもあわせて、コンタクトセンターにお問合せください。


Q チャイルドが自分で手紙を書けなかったらどうするの?

A  チャイルドが幼かったり、文字は書けてもまだ文章を作ることができない場合は、
学校の先生、家族、もしくはワールド・ビジョンの現地スタッフやボランティアが代筆します。

手紙を書くということはチャイルドにとって新しい経験です。温かく見守っていただき、自分で手紙を書けるように文通で励ましていただけますと幸いです。
チャイルドはどんな風に手紙をかいているの?(ウガンダ動画)外部リンクもご覧ください。







Q チャイルドへの手紙は何を書いたらよいですか?

A  自己紹介、ご家族のこと、日本の様子など、チャイルドに知らせたいことをお書きください。

長さは便箋1枚程度が適当です。
皆さまが簡単に手紙をお出しいただけるように、手紙キット(封筒と便箋のセット)を用意しておりますのでご希望の方はご連絡ください。また、ホームページからメッセージやデザインを選んでその場で発送まで完了できるEレターもありますので、ご活用ください。
手紙はすべて現地事務所を通してチャイルドに渡されます。 現地事務所を通すことでお名前などが悪用されることを防ぐのと同時に、チャイルドが日常使っている言語への翻訳を行います。
チャイルドへの手紙の文例集もご参照ください。
手紙キットの請求はこちらから


Q 手紙にプレゼントを同封できますか?

A  はい。小さなプレゼントは定形郵便(長さ14~23.5㎝、幅9~12㎝、厚さ1cm以内)で送れる範囲でお送りいただけます。
   (重さが50gを超えると、定形外の扱いになります)

紛失防止のため、プレゼント1つひとつにチャイルド番号をご記入ください(記入できるもののみで結構です)。
詳しくはプレゼントのページをご覧ください。

<手紙を定形郵便で送る理由>
支援地にはスポンサーのいないチャイルドもいるため、特定の子どもだけに特別なプレゼントが届くとねたみやいじめの原因となり、 不平等感や不信感が生じて、支援活動に影響がでてしまうことがあります。また、大きなプレゼントや小包は、現地での規制により、高い関税がかけられることがあります。支援国の郵便事情は悪く、日本で安く手に入るものでも、現地では高価なものとみなされ、現地事務所に到着する前に盗難にあうケースが発生しています。 皆さまのご支援金を有効に用いるためにも、定形郵便内でお送りいただけますようご理解ご協力をお願いいたします。
* 定形郵便サイズを超えたもの、お送りできないものについては、ご連絡の上で、チャイルド・スポンサーがいない子どもたちのために、活用させていただく場合もあります

支援地の訪問について

Q チャイルドに直接会うことはできますか?

A  個人で直接現地を訪問しチャイルドと会うことができます。

その場合には、出発日の2カ月前までにワールド・ビジョン・ジャパン事務所まで予定をお知らせください。
現地事務所と訪問調整をさせていただきます。なお現地では英語での対応となります。
リンク個人訪問について詳しくはこちら

また、ワールド・ビジョン・ジャパンでは、チャイルドに会っていただくための支援地訪問ツアーを年に数回実施していますので、そのツアーに参加して会いに行くこともできます。

なお、支援を終了したチャイルドにはお会いいただけません。また国の状況により、個人訪問のご案内ができない場合もありますことを、ご了承ください。


Q チャイルドを養子にしたり、日本に連れてくることはできますか?

A いいえ。

ワールド・ビジョンは養子縁組を行ったり、チャイルドを日本に連れて来たりすることは、行っていません。
チャイルドのほとんどは家族と一緒に住んでいます。チャイルドが自分の国で成長し、生活の質を向上させ、 自立へのビジョンをもつことが求められている支援であり、外国へ移住するよりも自分の国で成長し、貢献することが大切だと考えています。

その他

Q チャイルドの写真をFacebookやブログに載せてもいいですか?

A  ベトナムのチャイルドは、写真を載せるのはお控えください
(国の法律等の理由により写真掲載を控えるよう要請がきているためです。何卒ご理解いただけますようお願いします)

上記以外の国のチャイルドは、写真を掲載いただくことができます。掲載いただく際には、子どもの権利を守るために個人が特定されないようにするため、子どもの姓(ファミリーネーム)、チャイルド番号、家族の状況、プロフィールなどの掲載はご遠慮いただきますようお願いします。子どもの名前(ファーストネーム)や国名、プログラム名は掲載いただくことができます。 ワールド・ビジョンは、すべての活動において子どもの権利を尊重すること、および子どもを保護することを明記したチャイルド・プロテクション・ポリシーを定めています。皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。


Q Facebookでチャイルドからメッセージが届きました。返信してもいいですか?

A  申し訳ありませんが、返信はお控えください。

ワールド・ビジョンはチャイルド・プロテクション・ポリシーに基づき、Facebookなどのソーシャルメディア通して、チャイルド・スポンサーの皆さまとチャイルドが直接コミュニケーションを取ることはお控えいただいています。もし、チャイルドやその家族・親戚からFacebookなどで連絡が来た場合は、返信せずワールド・ビジョン・ジャパンまでお知らせください。

リンクお問い合わせはこちら