遺贈、遺産や相続財産などのご寄付

遺贈、遺産や相続財産などの寄付 遺贈、遺産や相続財産などのご寄付


ご自身の財産や、大切な方の遺産を、世界の子どもたちの未来のために活かしませんか?

ワールド・ビジョン・ジャパンは、ご自身の財産や相続された財産を、世界の子どもたちのために有効活用したいとお考えの皆さまの、お手伝いをさせていただいています。

遺贈、遺産や相続財産のご寄付についてのパンフレットがございます。
ご請求は、次の電話番号、またはリンクお問い合せフォームよりご連絡ください。

遺贈、遺産・相続によるご寄付担当 
TEL.03-5334-5355(平日9:30~17:00)リンクお問い合せはこちら

ワールド・ビジョン・ジャパンは、国税庁より「認定NPO法人」として認定を受けておりますので、ご寄付はリンク寄付金控除等の対象となります

遺贈のご寄付

遺言により、ご自身の財産をご自身の意志で特定の法人や個人に贈与することを遺贈といいます。


遺言書に遺贈先としてワールド・ビジョン・ジャパンを指定することで、世界の子どもたちのために役立たせることができます。遺贈によって、子どもたちが将来への希望と夢を持つことが可能です。

「子どもたちの教育のため学校を建設したい」「家族で訪れた思い出の地の子どもたちを助けたい」などご希望がございましたらぜひご相談ください。

遺贈された方やご寄付をくださった方などのお名前をプレート等の形で設置することもできます。

ご希望や想いをお伺いし、一人ひとりにあわせたカスタムメイドで、ふさわしい支援をご提案させていただきます。

遺贈によるご寄付で完成した幼稚園
遺贈によるご寄付で完成した幼稚園

ご寄付の実例

「私は以前スリランカやパキスタンを訪れたことがあり、貧困にある子どもたちを見て、何かの役に立ちたいと思っていました。そして、父の資産を譲り受けたあと、両親が寄付に関心があったことが思い出され、父の資産の使途として、子どもたちのために寄付をすることを思いつきました。

WVJを新聞で知り、資料を請求し、支援が本当に届く団体であることを確認しました。

支援地域を訪問してみると、幼稚園の壁には、私の名前を刻んだプレートが設置されていて、きれいな園舎で遊んだり学んだりできるようになった子どもたちの喜びが伝わってきました。これからも子どもたちのために心を寄せていきたいと思っています。」(R.T.様 東京在住)


ご寄付記念にご芳名プレートを設置された例(バングラデシュ)
ご寄付記念にご芳名プレートを設置された例(バングラデシュ)

このような活動が行われ、子どもたちの未来に貢献できます

このような活動が行われ、子どもたちの未来に貢献できます今すぐ募金する

遺贈によるご寄付の流れ

①遺言の作成(ご本人)
 公証人により、『公正証書遺言』を作成してください。
 (パンフレットにご参照いただける詳細がございます)


②ご逝去 ~遺言執行者への通知(ご遺族など)
 ご逝去の連絡が遺言執行者へ通知され、『公正証書遺言』をもとに遺言執行が開始されます。


③遺言執行による、財産のワールド・ビジョン・ジャパンへの譲渡(遺言執行)
 『公正証書遺言』に記載されたご遺志により、遺言執行者を通して、ワールド・ビジョン・ジャパンに財産が譲渡(寄付)されます。


④領収証(寄付金控除のための書類)発行 (ワールド・ビジョン・ジャパン)
 ご寄付に対する領収証を、ワールド・ビジョン・ジャパンは速やかに発行し、遺言執行者にお渡しします。領収証は、寄付金控除のための書類となります。


⑤事業企画案提出 (ワールド・ビジョン・ジャパン)
 ご遺志にもっともふさわしく、ご寄付により可能な支援事業案を、ワールド・ビジョン・ジャパンから遺言執行者にご提案します。


⑥支援活動の実施 (ワールド・ビジョン・ジャパン)
 遺贈された方のご家族や遺言執行者により決定された支援活動をワールド・ビジョン・ジャパンが責任をもって実施します。事業地に、遺贈された方のお名前を、プレートの設置などで残すことも可能です。


⑦報告書、感謝状発行 (ワールド・ビジョン・ジャパン)
 遺贈された方のご家族にご寄付による支援活動報告書、ご希望により感謝状をお送りします。また、ご家族が支援事業地を訪問し、ご支援で行われた活動をご覧になることが可能です。その場合、訪問費用は自己負担となりますが、訪問のための現地との調整は、ワールド・ビジョン・ジャパンが行います。

子どもから贈られたメッセージ(幅が70センチほどあります)
子どもたちから贈られたメッセージ(幅が70センチほどあります)
子どもたちが心を込めて感謝の気持ちを現しました
子どもたちが心を込めて感謝の気持ちを現しました
ご寄付により完成した井戸の前で喜ぶ子どもたち
ご寄付により完成した井戸の前で喜ぶ子どもたち

相続財産のご寄付

ご相続された財産を、「世界の子どもたちを支援する事業(支援活動)」にご寄付いただくことができます。ご寄付による支援事業についてご希望がある場合は、現地のニーズに基づき、できるだけご希望に添えるように努力させていただきます。

相続税の申告期限内の当団体へのご寄付は、相続税が課税されません。

そのための申告には、当団体の領収書を添付していただく必要がありますので、ご寄付時に、その旨をお申し出ください。

相続税などについての詳しい情報は、 外部リンク国税庁のホームページや、専門家(税理士、公認会計士など)にご確認ください。

相続財産によるご寄付で完成した学校写真
ご寄付で完成した学校

特定寄附信託

ワールド・ビジョン・ジャパンは、みずほ信託銀行が取り扱う特定寄附信託の寄附先団体です。

特定寄附信託は、日本版プランド・ギビング信託とも呼ばれ、個人の方が信託銀行にお金を信託の形で預け、信託銀行が指定する団体(認定NPO法人、公益法人など)から寄附したい団体を選び、毎年分割して寄附を行うことができます。
例えば、100万円を信託銀行に信託し、5年間にわたって、毎年20万円ずつ選んだ団体へ継続して寄附していく、ということが可能となります。この制度のメリットとしては次の点が挙げられます。

1. 社会貢献に関心はあるもののどこに寄附をすればいいかわからない方も、あらかじめ信託銀行が選択した団体から寄附先を選ぶことができるので、選択が容易です。
2. 寄附した団体の活動報告を定期的に受けられるので、寄附金がどのように使われているかを把握することができます。
3. 寄附が複数年にわたって継続され、毎年、寄附金控除等の税制優遇措置を受けられます。
4. 信託期間中に得られた収益金が非課税となります(収益金は全額、寄附先に寄附されます)。

特定寄附信託の信頼できるパートナー団体としてワールド・ビジョン・ジャパンを選んでくださったみずほ信託銀行に感謝し、多くの方がこの制度を利用して世界の貧困に苦しむ子どもたちに将来の希望と夢を届けてくださることを願っています。

※1 本商品は最低受託金額が100万円であるほか、中途解約ができないなどの注意事項があります。くわしくは、みずほ信託銀行の本支店までお問い合わせください。
※2 寄附金にかかる税制に関するご照会は、税理士もしくは税務署へご相談ください。

お香典やお花料の寄付

お香典やお花料から、またそれらのお返しの代わりに、「世界の子どもたちを支援する事業(支援活動)」にご寄付いただくことができます。

ご寄付後、お香典やお花料をくださった方々へのお礼状を、必要数ご用意させていただきます(お礼状は、ご寄付者にまとめてお送りし、個別の送付は、ご寄付者にお願いしています)。

ご寄付で完成した井戸写真
ご寄付で完成した井戸を使う子どもたち

ご自身の財産や、大切な方の遺産の寄付のお問合せ

ワールド・ビジョン・ジャパンは、ご自身の財産や相続された財産を、世界の子どもたちのために有効活用したいとお考えの皆さまの、お手伝いをさせていただいています。

遺産や相続財産のご寄付についてのパンフレットがございます。
こちらに掲載できなかった詳細をご説明させていただいております。
ご請求は、次の電話番号、またはお問い合せフォームよりご連絡ください。


遺贈、遺産・相続によるご寄付担当 
TEL.03-5334-5355(平日9:30~17:00)

リンクお問い合せはこちら

『公正証書遺言』を作成する際の参考資料

※お問合せいただきますと、製本した遺贈、遺産や相続財産などのご寄付に関するパンフレットをお送りさせていただきます。

関連ページ