赤ちゃんとお母さんの命を守るための募金

ひとつも失いたくない。産まれてくる小さな命

児童保護募金 児童保護募金

1回の募金    毎月継続の募金

世界では年間約100万人の赤ちゃんが産まれたその日に亡くなっています

・生後28日以内の新生児期に亡くなる子ども:約266万人
・南スーダンの妊産婦死亡率:日本の約158倍
医療施設で出産するエチオピアの妊産婦の割合:26%
栄養不良が直接・間接の要因で亡くなる子ども:約295万人


自宅など不衛生な環境での専門家の介助のない出産や、産前産後健診を受けていないことが、
出産時に赤ちゃんやお母さんが命を落とす大きな要因となっています。
また、途上国では産科施設・備品の未整備や、母子保健サービスを行うスタッフの知識・技術の不足も深刻です。

ワールド・ビジョンは、出産で命を落とす赤ちゃんやお母さんを
ひとりでも減らすために、次のような支援を行います

・安全な妊娠・出産についての啓発活動
・母子をケアするための産前・産後健診や予防接種などの体制作り
・妊産婦を緊急時に搬送できる体制作り
・妊産婦や乳幼児への医療サービスを行うスタッフの研修
・産科施設の建設・拡充、設備の整備

施設の整備や備品の提供に加えて、スタッフのトレーニングや地域住民の啓発活動を行うことも大切です。
現地の人々の暮らしや意識が支援によって変革していくその先に、子どもたちの無事な成長があります。

1回の募金    毎月継続の募金

※募金は、「児童保護募金」として、母子保健支援事業のための役立てられます。

安全な出産についての啓発活動
安全な出産についての啓発活動
医療スタッフへの研修
医療スタッフへの研修

1回の募金    毎月継続の募金

募金により例えば次のような支援を行うことが出来ます

3,000円で、3歳未満の子どもたちの栄養・発育状態を確認するための体重測定を、2つの村で年3回行うことができます(カンボジア)

3,000円で

3歳未満の子どもたちの栄養・発育状態を確認するための体重測定を、2つの村で年3回行うことができます(カンボジア)

5,000円で、妊産婦の家族に産前・産後健診や施設分娩の重要性を理解してもらうための啓発活動を、2つの村で実施できます(エチオピア)

5,000円で

妊産婦の家族に産前・産後健診や施設分娩の重要性を理解してもらうための啓発活動を、2つの村で実施できます(エチオピア)

10,000円で、出生時に呼吸困難などの危機に陥った赤ちゃんのための蘇生器具を3セット支援できます(南スーダン)

10,000円で

出生時に呼吸困難などの危機に陥った赤ちゃんのための蘇生器具を3セット支援できます(南スーダン)

30,000円で、医療施設での分娩の際に使用する、手術用ハサミや鉗子などの備品を7セット支援できます(南スーダン)

30,000円で

医療施設での分娩の際に使用する、手術用ハサミや鉗子などの備品を7セット支援できます(南スーダン)

100,000円で、保健センターの助産師もしくは看護師1人に対して、妊産婦・新生児ケアに関する21日間の技術研修を行うことができます(エチオピア)

100,000円で

保健センターの助産師もしくは看護師1人に対して、妊産婦・新生児ケアに関する21日間の技術研修を行うことができます(エチオピア)

※ 「毎月の募金」は1000円単位でお好きな金額を選んでお申し込みいただけます。
※ 上記金額はあくまでも目安であり、支援内容は変更となる可能性があります。
※ 当団体は「認定NPO法人」です。募金(寄付)は、寄付金控除の対象となり、税制上の優遇措置が受けられます。
※ ご協力くださった皆さまには、2018年3月ごろお届けする年次報告書の中で、募金により行われた活動をご報告します。
※ 募金額は、上記金額に限定するものではなく任意です。
※ 募金額が記載支援活動の必要を満たした場合は、他に支援を必要とする人々のために役立たせていただきます。

募金方法

クレジットカードでの募金

下記のカードがご利用になれます。

カードリスト

※ ご寄付はポイントの対象となります(一部、対象外のカードがあります)。

コンビニエンスストアでの募金

インターネットから、コンビニエンスストアで募金ができる専用払込票をご請求いただけます。 払込票がお手元に届きましたら、コンビニエンスストアでお振込をお願いいたします。
※ お送りする払込票は、郵便局でもご利用になれます。

1回の募金    毎月継続の募金

郵貯銀行備え付けの払い込み用紙をご利用の場合

口座番号  : 00130-6-254059
振込先名義 : 特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン

住所、氏名、電話番号、募金目的、ワールド・ビジョンのことをお知りになったきっかけ、をご記入ください。

※お振込の際、郵便局に備え付けの用紙をご利用いただいた場合は、手数料をご負担いただくことになります。
※募金目的は、「児童保護募金」とご記入ください。
※募金目的のご指定がない場合は、一般募金として受付けさせていただきます。
※パートナー番号がお分かりの場合は、ご記入ください。

お問い合わせ

フリーダイヤル TEL:0120-465-009 リンクお問い合わせはこちら

過去に行った支援についてのご報告

このほかの支援事業(募金)について