紛争・難民

紛争で真っ先に犠牲になるのは子どもたち

子どもたちが闘いの手段として狙われ、利用されています

世界では2 億5,000 万人近くの子どもが武力紛争によって被災した国や地域で生活しています。紛争から逃れている難民の半数以上が、最も弱い立場にある子どもたちであり、長引く危機の中、希望のない未来に直面しています。

出典:UNICEF2016

紛争は子どもを殺害し、親を奪い、誘拐や拷問の対象とし、子ども兵士として利用します。近年頻発する自爆テロや、学校で学ぶ子どもの集団誘拐事件などは、戦時でも子どもを保護すべきとする国際人道法を無視し、むしろ、子どもを犠牲にすることを闘いの手段としています。

食糧や生活用品などの支援を受け取るために集まるコンゴ難民

子どもたちの命の危険と、失われる成長の機会

紛争に巻き込まれた子どもたちは、爆撃などの攻撃や地雷などにより命を落とす危険と隣り合わせです。攻撃から逃れるため、わずかな食糧と水だけで何日も歩き続ける結果、極度の栄養不良や病気にもなります。特に女の子は、性的な暴力を受けるリスクが高まります。

多くの子どもたちが、武装勢力によって子ども兵士にさせられることを恐れて家を後にしますが、正式な書類もなく子ども一人で旅することはむしろ、リスクを高めます。また、避難先での教育や保健サービスの提供も問題です。避難が長期化すると、子どもたちは、教育を受けられないまま成長し、その後の人生の機会まで失うことになります。

65_crisis2.jpg
焼けてしまった自分の家の前に座り込む男の子。マラカイ地域では何千人もの住民たちが避難を余儀なくされました(南スーダン)

子どもの命をつなぎ、成長を支えるために

ワールド・ビジョンは、紛争から逃れるために難民/避難民として故郷を後にした子どもたちとその家族を支えるため、食糧や生活用品の支援を行います。

物資の支援だけではなく、戦闘現場を目の当たりにし、大変な逃避行を経て避難場所へたどり着いた子どもたちの心のケアのために、チャイルド・フレンドリー・スペースを運営し、子どもたちが安心して遊んだり、話したり、学べる環境も整えます。

また、子どもたちが、将来のために教育を受け、成長の機会を失うことがないように、難民キャンプや、避難先のコミュニティにおいて教育支援を行っています。

65_crisis3.jpg
難民キャンプの中にあるチャイルド・フレンドリー・スペース。紛争の影響によるストレスを抱えている子どもたちが多いため、心の回復、また、子どもらしさを取り戻すことができるよう、子どもたちが安心して安全に過ごせる場所を提供します(ヨルダン)

紛争前の予防と、紛争後の復興支援

ワールド・ビジョンは、コミュニティレベルで平和構築が進められるよう、住民同士を対象とした活動を行って紛争を予防するとともに、紛争発生の可能性がある地域では、早期警戒(early warning)により人々の受ける影響をできる限り少なくできるよう努めています。また、紛争終了後、地域や国の再建にあたる人々を支えることも、次の紛争発生を予防する大切な活動です。

1994年のジェノサイド(大虐殺)を乗り越え、未来に向かって歩んでいるルワンダの子どもたち。コミュニティでは平和構築のためのワークショップなどが開催され和解のために取り組んでいます。写真協力:前康輔

ワールド・ビジョン・ジャパンの活動