ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(タンザニア) タンザニア連合共和国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

タンザニアについて

アフリカ大陸の東部に位置し、ケニア、ウガンダなど9カ国と国境を接しています。西はタンガニーカ湖、東はインド洋に面しており、インド洋上にはザンジバル島があります。首都のドドマは法律上の首都で、実際の中心都市はダルエスサラームです。タンザニア全土には約130の民族がおり、イスラム教徒とキリスト教徒が40%ずつを占めています。公用語はスワヒリ語と英語です。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

2020年度プログラム近況報告を見る
ムゲラpdfアイコンゴロワpdfアイコンムキンガpdfアイコン




地図(タンザニア)

支援地域の様子

チャイスポ申込み1

タンザニアで現在支援している地域

ムゲラ地域開発プログラム(TZA-183537)

  • 支援期間:2006年~2023年*
  • 民族:ングウ族、ジグア族、マサイ族など
  • 支援地域の課題:
    ・生計向上:年間を通じて十分な食料を得られない世帯 37%(2017年)
    ・教育:家畜の世話などのために、継続して学校に通えない子どもが多い

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

ゴロワ地域開発プログラム(TZA-183548)

  • 支援期間:2006年~2025年*
  • 民族:ワフォミ族、ワイラク族、ワラン族など
  • 支援地域の課題:
    ・生計向上:地域住民の80%以上が1日1ドル以下(貧困ライン以下)の生活
    ・保健・衛生:安全な水を利用できる世帯 約25%(2017年)

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

ムキンガ地域開発プログラム(TZA-192736)

  • 支援期間:2009年~2025年*
  • 民族:ングウ族、ジグア族、マサイ族など
  • 支援地域の課題:
    ・生計向上:年間を通じて十分な食料を得られない世帯 約58%(2014年)
    ・保健・衛生:安全な水を利用できる世帯 約20%(2017年)

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

ルテンデ地域開発プログラム(TZA-217808)

  • 支援期間:2021年~2031年*
  • 民族:ニャムウェジ族、スクマ族、ハ族など
  • 支援地域の課題:
    ・子どもの権利と保護:18歳未満で結婚する子どもたち 11%(2016年)
    ・保健・栄養改善:慢性的な栄養不良の子どもたち 25.8%(2016年)
    ・生計向上:畑からの収穫が十分でない

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

タンザニアの支援地域での写真と動画

ムゲラ地域から届いた動画です(2020年)
ゴロワ地域から届いた動画です(2020年)
ムキンガ地域から届いた動画です(2020年)
タンザニア 子どもたちの様子
読書キャンプのおかげで、放課後に危険な遊びをせずに、一緒に読書などをして有意義な時間を過ごすことができるようになりました。
【ムゲラ地域】(2019年度)
タンザニア 地域の様子
ワールド・ビジョンと地域行政が協働し、「HIV/エイズの日」に啓発、カウンセリング、テストを若者向けに実施しました。自分自身を守ることの重要性を確認する良い機会となりました。
【ムゲラ地域】(2019年度)
タンザニア 地域の様子
「栄養価の高い黄色いトウモロコシを栽培しています。子どもたちは、このトウモロコシを食べることで栄養不良にならなくなります。また、トウモロコシを売って現金収入を得ることで、学用品など必要な物を買うことができます」アスマニさん(45歳)
【ムゲラ地域】(2019年度)
タンザニア 子どもたちの様子
地域の学校に机が支援されました。生徒は「机でしっかりと書けるので、とても嬉しいです」と話してくれました。
【ムキンガ地域】(2019年度)
タンザニア 子どもたちの様子
小学校に雨水タンクが寄付されました。子どもたちは、きれいな水を飲んだり、手を洗ったりできます。学校できれいな水が飲めるので、子どもたちも喜んでいます。
【ムキンガ地域】(2019年度)
タンザニア 地域の様子
地域住民に、牛2頭の支援と飼育方法についての講習が行われました。「毎日学校に行く前に牛乳を飲んで行けるので、授業に集中できます」アリー君(7歳)
【ムキンガ地域】(2019年度)

タンザニアの支援活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴル
チャイルド・スポンサーシップとは