ワールド・ビジョンとは

"何もかも"はできなくとも、
"何か"はきっとできる

ワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOです。

その活動は、アメリカ生まれのキリスト教宣教師ボブ・ピアスによって始められました。彼は、第2次世界大戦後に混乱をきわめた中国に渡り、「すべての人々に何もかもはできなくとも、誰かに何かはできる」と考えるようになりました。中国で出会った1人の女の子の支援を始めたボブ・ピアスは、より多くの支援を届けるため、1950 年9月、アメリカのオレゴン州で「ワールド・ビジョン」を設立。

朝鮮戦争によって両親を亡くした子どもたちや、夫を亡くした女性たち、ハンセン病や結核患者に救いの手をさしのべることから始まった活動は、1960年代には日本の子どもたちにも支援を届けました。現在では、約100カ国で、宗教、人種、民族、性別にかかわらず、すべての子どもたちが健やかに成長できる世界を目指して活動しています。

ボブ・ビアス

ワールド・ビジョン創設者 ボブ・ピアス

ビジョン・ステートメント

私たちのビジョンは、すべての子どもに豊かないのちを
私たちの祈りは、すべての人の心にこのビジョンを実現する意志を
Our Vision for every child, life in all its fullness
Our prayer for every heart, the will to make it so

ミッション・ステートメント

ワールド・ビジョンはキリスト教精神に基づく国際的なパートナーであり、
イエス・キリストにならい、貧しく抑圧された人々とともに働き、
人々の変革と、正義を追求し、平和な社会の実現を目指します。

活動マップ

2014年度、ワールド・ビジョン・ジャパンは33カ国で137事業を実施しました
以下の22カ国で、チャイルド・スポンサーシップによる支援を行っています

活動の三本柱

  • 開発援助
  • 緊急人道支援
  • アドボカシー

大切にしていること

  • 基本理念
  • 子どもの権利条約
  • チャイルド・プロテクション

ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)について

  • 沿革
  • 数字で見るWVJ
  • 情報公開
  • 役員、親善大使等
  • 政府・国連等との連携