ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(タイ) タイ王国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

タイについて

インドシナ半島中央部に位置し、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ラオスと国境を接しています。首都はバンコクで、国王を元首とする立憲君主制の国です。タイ族が約85%を占めますが、中華系(10%)や、山岳地帯にはモン・クメール系の少数民族が暮らしています。仏教徒が多数派ですが、南部のマレー系住民を中心にイスラム教徒もいます。公用語はタイ語。首都はバンコク。山岳地帯の少数民族は独自の言語、文化を持っています。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

2017年度プログラム近況報告を見る
タプラヤpdfアイコントゥンワpdfアイコン





地図(タイ)

支援地域の様子

チャイスポ申込み1

タイの支援地域からお知らせ 一覧

タイで現在支援している地域

タプラヤ地域開発プログラム(THA-191642)

  • 支援期間:2009年~2023年*
  • 民族:タイ族など
  • 支援地域の課題:
    ・教育:教育に対する人々の意識が低く子どもたちの学力に影響
    ・保健・衛生:伝染性疾患に対する知識不足でHIV/エイズや結核が流入しやすい
    ・経済開発:農薬への依存や慢性的な水不足により収穫量が少ない
  • タプラヤ地域は、首都のバンコクから東へ約300キロ、カンボジアと国境を接する町アランヤプラテートから車で1時間のところにあります。内陸部に位置するため雨量が少なく、農業の生産性が低いため、農業以外の生計手段が必要です。ワールド・ビジョンは、このような環境にある子どもたちへの支援として、動画にあるような養鶏のプロジェクトを行っています。これにより子どもたちの栄養状態は改善され、生活に必要な知識・技術の習得もできるようになりました。
  • 住民の多くが都市に出稼ぎに出ます。祖父母や親戚に預けられている子どもたちも多く、教育がおろそかになりがちです。ワールド・ビジョンは、こうした子どもたちが学力をつけ、健全な自尊心を持って成長できるよう、さまざまな支援を行っています。                                支援地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

トゥンワ地域開発プログラム(THA-191647)

  • 支援期間:2008年~2023年*
  • 民族:タイ族など
  • 支援地域の課題:
    ・教育:教師の指導能力が低く、子どもたちの学力に影響
    ・保健・衛生:保健衛生や栄養についての知識不足、10代での望まない妊娠の増加
    ・経済開発:農業・漁業による不安定で少ない収入

支援地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

タイの支援地域での写真と動画

トゥンワ地域から届いた動画です(2017年)
タプラヤ地域から届いた動画です(2017年)
タプラヤ地域から届いた動画です(2016年)

タイの活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは