ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(ケニア)ケニア共和国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

ケニアについて

アフリカ大陸の東に位置し、南東部はインド洋に面しています。国土は日本の1.5倍ほどの広さで、大部分は標高1,100~1,800mの高地です。首都はナイロビ。キクユ族、ルヒヤ族、カレンジン族など40以上の民族が暮らしています。旧イギリス植民地で、公用語はスワヒリ語と英語。宗教は、伝統宗教、キリスト教、イスラム教が主流です。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

2017年度プログラム近況報告を見る
オレントンpdfアイコンイララマタクpdfアイコンキアムボゴコpdfアイコン


ケニアの地図と支援地

イララマタク地域での活動報告

チャイスポ申込み1

ケニアに関するお知らせ 一覧

現在支援している地域

イララマタク地域開発プログラム(KEN-182381)

  • 支援期間:2006年~2021年*
  • 民族:マサイ族
  • 支援地域の課題:
    ・教育:日常生活を送る上で十分な読み書きの能力を持つ11~13歳の子どもの割合 5.2%(2013年)
    ・保健・衛生:医療施設、スタッフ、医薬品が不足
    ・子どもの保護:子どもを大切にするという考え方が根付いておらず、虐待や搾取の犠牲になる子どもが多い

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

キアムボゴコ地域開発プログラム(KEN-185647)

  • 支援期間:2007年~2023年*
  • 民族:キクユ族等
  • 支援地域の課題:
    ・水・衛生:安全な水を入手できない世帯の割合 43%(2014年)
    ・子どもの保護:子どもを大切にするという考え方が根付いておらず、虐待や搾取の犠牲になる子どもが多い

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

ケニアの支援地域の写真と動画

オレントン地域からの最終報告動画(2017年)
イララマタク地域から届いた動画(2017年)
キアムボゴコ地域から届いた動画(2016年)
【キアムボゴコ地域】各家庭の生計向上を目指し、チャイルドと両親がヤギを受け取りました。(2016年)
【キアムボゴコ地域】地域の人々にヤギの支援を行う際は、家畜担当職員がヤギにワクチン接種をします。(2016年)
【キアムボゴコ地域】地域ボランティアとの話し合いのようす。井戸の設置など、水・衛生環境の向上プロジェクト活動の効果を計り、今後の活動に活かしています。(2016年)

ケニアの活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

ケニアに関する過去のお知らせ

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサ

ーシップとは