ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(ケニア)ケニア共和国:支援地域に暮らす子どもたちの写真と動画

ケニアのイララマタクADPから、写真が届きました (2017.05.12)

今回は、ケニアイララマタクADPから届いた写真をスライドショー動画でご紹介します(音声無しの動画です)
支援によって学校に通えるようになった子どもたちや、どのような所で勉強しているかを垣間見ることができます。

2016年度

ヤギを受け取りました
【キアムボゴコ地域】各家庭の生計向上を目指し、チャイルドと両親がヤギを受け取りました。
ヤギのワクチン接種
【キアムボゴコ地域】地域の人々にヤギの支援を行う際は、家畜担当職員がヤギにワクチン接種をします。
地域ボランティアとの話し合い
【キアムボゴコ地域】地域ボランティアとの話し合いのようす。井戸の設置など、水・衛生環境の向上プロジェクト活動の効果を計り、今後の活動に活かしています。
環境保護
【オレントン地域】炭作りによる環境破壊を防ぐ方法を学ぶ住民組織の人々。木を切り倒して炭を作る伝統的な方法ではなく、小さな窯で枝を材料にして炭を作る方法を学んでいます。
子どもの保護についての啓発集会
【オレントン地域】子どもの保護についての啓発集会に参加する地域の人々。集会では、子どもの搾取や虐待の危険性、女性器切除禁止法やその他の子どもに関する法律に関する最新情報を住民に伝えています。

2015年度

地域の小学校で、子どもたちの健やかな心の育成のための集会が開かれました。子どもたちは説教やお祈りを聞いたり、歌ったりしました【オレントン地域】(2015年)
地域の小学校で、子どもたちの健やかな心の育成のための集会が開かれました。子どもたちは説教やお祈りを聞いたり、歌ったりしました【オレントン地域】
地域住民組織の能力向上
これまでの自分たちの収入向上のための活動を振り返り、さらなる発展のための話し合いを行う地域住民組織の人々【オレントン地域】
地域住民組織の能力向上
子どもたちを養い育てていくために、地域の人々は収入向上活動の訓練を受け、自分たちが持つ資源を有効に活用し、金銭の管理を適切に行う方法を学んでいます【オレントン地域】
子ども議会の代表を選ぶ選挙【オレントン地域】
子どもたちの様子【イララマタク地域】
「環境子どもクラブ」メンバーによる詩の朗読【キアムボゴコ地域】

2014年度以前

「私たちは医療サービスを受けるのに50km以上歩くのが当たり前でした」とヌーンキシュさん(35歳)。ワールド・ビジョンは、2ヵ所の診療所整備し、さらに毎月、移動診療所を開いています。「必要な医療サービスが前よりずっと早く提供できるようになりました」と、看護師のジャネットさん(31歳)【イララマタク地域】(2013年)
ワールド・ビジョンは2ヵ所の診療所整備し、さらに毎月、移動診療所を開いています。「必要な医療サービスが前よりずっと早く提供できるようになりました」と、看護師のジャネットさん(31歳)【イララマタク地域】(2013年)
「ワールド・ビジョンが井戸にパイプでつないでくれたおかげで、体が汚れたままで学校に行かなくてよくなりました。飲み水もきれいになり、お腹が痛くなることもなくなりました」サイトティちゃん(11歳)【オレントン地域】(2013年)
政府と共同で開催したイベントに参加した小学生のチャイルドたち。歌やダンスを通して、子どもや女性の権利について啓発するメッセージが込められています【キアムボゴコ地域】(2013年)
支援地訪問ツアーの様子【イララマタク地域】(2013
食糧危機にある子どもたちの様子(2010
支援地の子どもたちの歌(2010



チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の写真と動画がご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは