ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(モンゴル) モンゴル国:支援地域に暮らす子どもたちの写真と動画

モンゴルの支援地域から届いた最新動画

支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【ハイラアスト地域】

リンク モンゴルの支援活動について、詳しくはこちら

2019年度

支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【バヤン・ウルギー地域】
支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【ハイラアスト地域】

2018年度

支援地域の学校の修了式で、子どもたちが学んだ歌や踊りを発表しています。プロ顔負けの演出にもご注目ください。この学校では、子どもたちの情操教育のために歌や踊りなど芸術を通した学びを大切にしています
【ハイラアスト地域】
卓球クラブの練習風景です。支援によって設備が整いました。卓球の上達だけでなく、放課後に子どもたちが安全に過ごせる場所ができて、保護者も喜んでいます
【バヤン・ウルギー地域】
支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【ハイラアスト地域】

2017年度以前

支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【ハイラアスト地域】(2018年度)
支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します
【バヤン・ウルギーザ地域】(2018年度)
警察の協力のもと行われた「子ども警察コンテスト」の様子
【バヤン・ウルギー地域(2017年度)
子どもたちが、「幸せなら手をたたこう」を歌っている様子
【ハイラアスト地域】(2017年度)
皆で一緒に楽しく遊んでいます
「以前、子どもたちは幼稚園に来ても楽しそうではありませんでした。でも今は全員が遊ぶのに十分な遊具があるので、子どもたちは幼稚園が大好きで、皆で一緒に楽しく遊んでいます」ナズグールさん(教師)
【バヤン・ウルギー地域】(2017年度)
新しいリハビリテーションセンター
「新しいリハビリテーションセンターができて感謝しています。ここで私は、障がいを持つ15人の子どもたちの療育を行っています。子どもたちは日々の活動を通して成長しています」メルエートさん(理学療法士、写真中央)
【バヤン・ウルギー地域】(2017年度)
子どもジャーナリズムグループ
「子どもジャーナリズムグループに加わり、スピーチやビデオ制作、写真撮影などの方法と、皆で力を合わせることを学びました」イシドルジくん(16歳、赤い帽子の男の子)
【ハイラアスト地域】(2017年度)
校長に改善策を提案する生徒グループ
「ぼくは、学校の安全を評価し学校長に可能な改善策を提案する生徒のグループで、リーダーをしています。ぼくたちの最初の提案は校舎の窓の修繕でした」ルヴサンシャラヴくん(18歳、写真左)
【ハイラアスト地域】(2017年度)
ミシンの支援
WVからミシンの支援を受けたオラルディくんの母親は、小規模ビジネスグループのメンバーで、このことにより家庭の収入が増えました。母親のアジムクハンさんは、「電動ミシンを使うようになって、グループの仕事が早くなりました」と言っています。
【バヤン・ウルギー地域】(2016年度)
【ハイラアスト地域】(2016年度)
移動図書室がやってきた!
【バヤン・ウルギー地域】(2015年度)
【ハイラアスト地域】(2014年度)
【バヤン・ウルギー地域】(2014年度)
【バヤン・ウルギー地域】(2014年度)
バルジンニャムくんが馬頭琴をひく様子
【バヤン・ウルギー地域】(2012年度)
バルジンニャムくん。支援によるゲルの前で
【バヤン・ウルギー地域】(2012年度)

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の写真と動画がご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナム
ミャンマーモンゴル

アフリカ

ウガンダエスワティニ(スワジランド)エチオピアケニアコンゴ民主共和国タンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは