ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(ウガンダ) ウガンダ共和国:支援地域に暮らす子どもたちの写真と動画

「早婚の問題」について学ぶ子どもたち ①  (2018.02.23)

1月から3月は、過去にご紹介した動画の中から、4つのテーマを各2回に分けてお送りしています!

今回は、「早婚の問題編①」です。ウガンダナラウェヨ・キシータ地域の子どもたちが、歌とダンスで地域にある早婚の問題を訴えています。こうした子どもたちの活動は、地域の人々への啓発にもなっています。

次回は「早婚の問題②」を予定しています。

キルヤンガ地域の子どもたちからのビデオメッセージ(2018年度)

支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します。

ナラウェヨ・キシータ地域の子どもたちからのビデオメッセージ(2018年度)

支援を受けてどんな成果がでているのか、地域の人々の声でご紹介します。

2017年度

ウガンダのキルヤンガADPから、動画が届きました (2017.09.15)
【キルヤンガ地域】(2017年度)
ナラウェヨ・キシータADPから届いた動画 (2017.03.10)
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2017年度)
UGA1
子どもの保護の重要性を地域の人々に訴えることができ、嬉しく思っています。私たちは、最も弱い立場に置かれた子どもたちのために行動します」ポンジアノさん(子ども保護啓発チームの議長、前列のオレンジのシャツの男性)
【キルヤンガ地域】(2017年度)
UGA2
「村落貯蓄貸付組合の活動が始まり、貯金の仕方を学びました。今では、子どもに最低限必要なものは買い与えることができます」ジョセフさん(地域住民、ピンクのシャツの男性)
【キルヤンガ地域】(2017年度)
UGA3
「近所の人たちと一緒に栄養について学ぶ研修に参加してから、家族に食べさせるためにいろいろな種類の野菜を育てています。食べきれない分は販売しています」ジョセフィーヌさん(地域の母親、黄色のシャツの女性)
【キルヤンガ地域】(2017年度)
UGA4
「子どもクラブで音楽や歌、ダンス、劇などの活動をする中で、自分の才能に気づきました。ぼくたちは、誰もが皆大切な存在なのだと学びました」ジャスタス君(12歳、中央の青い服の男の子)
【キルヤンガ地域】(2017年度)
UGA5
学校へのご支援に大変感謝しています。私たちは今では、読み書きも計算も、とてもよくできます」モニカちゃん(15歳、青い服を着た女の子)
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2017年度)
UGA6
「教師と菜園クラブのメンバーは、畑づくりの研修を受けて様々な野菜を植えました。収穫した野菜を食べることで、食生活も改善しました」ローレンスさん(菜園クラブの 責任者、右オレンジのシャツを着た男性
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2017年度)
UGA7
「地域住民による木の伐採が、環境破壊や気候変動を引き起こしました。しかし、環境保全の研修を受けてからは、また作物がよく実るようになってきました」ダリオスさん(地域のリーダー、左端の男性)
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2017年度)
UGA8
「この地域では高い割合で児童虐待が起こっていました。でも平和構築と子ども保護の研修を受けてからは、将来への希望を持てるようになりました」ドロシーちゃん(14歳、赤いワンピースを着て立っている女の子)
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2017年度)

2016年度

キルヤンガ地域から届いた動画です
【キルヤンガ地域】(2016年度)
ナラウェヨ・キシータ地域から届いた動画です
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2016年度)

2015年度以前

讃美歌を歌う子どもたち
【ナラウェヨ・キシータ地域】(2015年度)
話し合おう!「良い子はどう行動する?」
【キルヤンガ地域】(2015年度)
チャイルドがスポンサーに手紙を書く様子
(2012年度)
ウガンダの様子(農業)
(2011年度)
ウガンダの様子(水)
(2011年度)

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の写真と動画がご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは