ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。


国旗(コンゴ) コンゴ民主共和国:支援地域に暮らす子どもたちの写真と動画

コンゴ民主共和国のカンボブADPから、動画が届きました (2017.06.16)

今回は、コンゴ民主共和国カンボブADPから届いた動画をご紹介します。 6月16日の「アフリカ子どもの日」にむけて、子どもたちが「子どもの権利」について学んでいます。みんなで楽しそうに学ぶ様子をぜひご覧ください!

2016年度


地域の井戸の採掘のようす
【トヨタ地域】地域の井戸の採掘のようす

井戸の採掘に参加する地域の人々
【トヨタ地域】井戸の採掘に参加する地域の人々

農業クラブの女性メンバーたち
【トヨタ地域】農業クラブの女性メンバーたち

クリスマスのお祝い会を楽しむ子どもたち
【カンボブ地域】クリスマスのお祝い会を楽しむ子どもたち

ADPの第一段階の評価に参加する地域の人々
【カンボブ地域】ADPの第一段階の評価に参加する地域の人々

カンボブ地域から届いた動画です
トヨタ地域から届いた動画です

2015年度


地域開発プログラムの第一段階の評価に参加する地域の人々
地域開発プログラムの第一段階の評価に参加する地域の人々【カンボブ地域】(2015年)

教育の重要性について学ぶ地域の人々
教育の重要性について学ぶ地域の人々【カンボブ地域】(2015年)

地域のコンピューター室
地域のコンピューター室【カンボブ地域】(2015年)
「成長報告」の準備。一人ひとり絵を描いています【トヨタ地域】(2015年)
小さい子も大きい子も手をつないで・・・引っ張れ!【カンボブ地域】(2015年)

2014年度以前


「ワールド・ビジョンが医療センターを建てる前は、近くのセンターまで3キロの道を歩かなければなりませんでした。夜は特に危険でした。でも、今ではいつでもワールド・ビジョンが建ててくれた医療センターに行けるようになりました」病気の子どもをもつ母親バーナデッテさん【トヨタ地域】(2013年)



コンゴ民主共和国は未だに内戦状態にある地域もあり、国土は荒廃し、政府が管轄する日常生活に必要な行政サービスも機能していません。政府に教育分野へ充当する予算がないため、既存の学校は老朽化が激しく非衛生で、就学児童の数に見合った学習環境がないこと、教材設備も乏しいことが課題となっています。



「学校に時間通りに着くのは大変でした。毎朝水汲みに行かなければならなかったからです。ワールド・ビジョンが井戸を掘ってくれたおかげで、水汲みをしたあと、時間通りに学校に行けるようになりました」ライッサちゃん【トヨタ地域】(2013年)


2014年 仲よくおままごとする子どもたち


2011年 開校式の日の子どもたちの様子


2011年 井戸が出来て喜ぶ人々


チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは