ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(エクアドル)エクアドル共和国:支援地域に暮らす子どもたちの写真と動画

エクアドルのプンガラADPから、動画が届きました (2017.09.29)

今回は、エクアドルプンガラADPから届いた動画をご紹介します。地域の子どもたちが集まって、ゲームをして遊んでいる様子がご覧いただけます。元気いっぱいに遊ぶ子どもたちの様子をぜひご覧ください!

2016年度

伝統的な作物を救う方法を地域の各家庭が学ぶことができました
【プンガラ地域】ワールド・ビジョンは地域の人々が積極的に参加できるよう活動を行っています。45歳の母親マリア グアマンさんは「ADPのおかげで私たちの伝統的な作物を救う方法を地域の各家庭が学ぶことができました。」
事故や自然災害など突発的な出来事への対処法身につける
【プンガラ地域】事故や自然災害など突発的な出来事への対処法身につけることに力を注いでいます。51歳の教師、ミグェル・バラガンさんは言います。「トレーニングのおかげで、学校やコミュニティーで危ない目にあっても対処する方法があることを十代の若者や子どもたちが知ることができました」。
家庭菜園で色々な野菜が作れるようになりました
【コルタ地域】ローサ・ガノレマさん(35歳)「家庭菜園で色々な野菜が作れるようになり、家族の栄養状態が良くなりました。以前は子どもたちが頻繁に栄養不良や下痢にかかっていましたが、家庭菜園のおかげで子どもたちの健康状態が改善しました。
プンガラ地域から届いた動画です

2015年度

「赤ちゃんがちゃんと成長しているか把握するために、身長と体重を測ることを学びました。」とマリアさん(23歳)。WVは身体測定の仕方を母親に教えました
「赤ちゃんがちゃんと成長しているか把握するために、身長と体重を測ることを学びました。」とマリアさん(23歳)。WVは身体測定の仕方を母親に教えました【プンガラ地域】
「私は生徒たちにコンピューターの使い方を教えています。WVによりこのような環境が整えられました」と教員のアマブルさん。WVはコミュニティの子どもたちにコンピューターに関する知識を強化しました
「私は生徒たちにコンピューターの使い方を教えています。WVによりこのような環境が整えられました」と教員のアマブルさん。WVはコミュニティの子どもたちにコンピューターに関する知識を強化しました【プンガラ地域】
「以前は十分な教材がありませんでしたが、今は教材を使うことができるので、私たちも楽しんで勉強しています」とナタリー・シルヴァナちゃん(10歳)。WVは教員のトレーニングと教材の支援を行い、教育の改善を図りました
「以前は十分な教材がありませんでしたが、今は教材を使うことができるので、私たちも楽しんで勉強しています」とナタリー・シルヴァナちゃん(10歳)。WVは教員のトレーニングと教材の支援を行い、教育の改善を図りました【コルタ地域】
日曜学校のクラスで学ぶ子どもたち【プンガラ地域】
学校で野菜を育てています【コルタ地域】

2014年度以前

就学前教育にスタッフとして携わり、0歳から4歳の子ども40人を担当するマルガリータさん。 ワールド・ビジョンは地元の住民組織と協力しながら、新しい教授法や教材を提供しています【コルタ地域】(2013年)
「支援してもらった種で野菜を育てています。収穫したら家に持って帰れるんだよ。楽しみ!」と嬉しそうなケビンくん(8歳)。学校菜園の支援を通して、子どもたちの栄養改善に取り組んでいます【プンガラ地域】(2013年)
「栄養ある食事の作り方を学びました」とファティマちゃん(3歳)のお母さん。支援で実施された講習会に参加しました。2年前に始まり、お母さん達の間で「家族に愛を」との名前で呼ばれるこの支援は、地域の伝統的な食事の良さを見直し、さらに改良を加えて、子どもたちの健康増進を図ることを目的としています【プンガラ地域】(2013年)
支援地域のようす【プンガラ地域】(2014年)
習った歌を唄う子どもたち(2012年)
支援された教材を使用して学校で算数を学ぶ子どもたち(2012年)

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の写真と動画がご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは