ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(モンゴル) モンゴル国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

モンゴルについて

ユーラシア大陸に位置する内陸国で、ロシア、中国と接しています。モンゴル人は遊牧民族として有名ですが、牧畜を離れ都市や農村に定住する人々も増えてきています。国土は日本の約4倍です。首都はウランバートル。人口の95%がモンゴル人で、モンゴル語が公用語ですが、カザフ語を使用するカザフ人も暮らしています。宗教はチベット仏教とシャーマニズムが主流です。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行いました。

モンゴル:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

チャイスポ申込み1

モンゴルの支援活動を担当するスタッフの想い

【ブログ】みんなに金メダル

ハイラアスト地域があるチングレティ地区より、ワールド・ビジョンの支援に謝意を表したいと送られてきたメダル。地域を担当していた平本スタッフは、人々の力になれていることに喜びを感じる一方、活動はまだ道半ばであるため、メダルを辞退するべきか迷っていました。少し考えた末に受け取ったのは、支援してくださるチャイルド・スポンサーの皆さまに、感謝とともにこのメダルをお贈りしたい、という思いがあったからです。(全文を読む


モンゴルの支援地域について

バヤン・ウルギー地域開発プログラム(MOG-184842)(支援期間終了)

  • 支援期間:2006年~2022年*
  • 民族:カザフ人、モンゴル人、トゥーバ族などの少数民族
  • 支援地域の課題:
    ・保健衛生・栄養:安全な水を得ることができない住民の割合約86%(2016年)
    ・教育:国の平均を上回る非識字率と学校の中退率
    ・貧困:失業率が高く、約34%の世帯が貧困状態(2016年)
    課題について詳しく見るpdfアイコン
  • 支援の成果:プログラム終了報告書を見るpdfアイコン

ハイラアスト地域開発プログラム(MOG-181425)(支援期間終了)

  • 支援期間:2005年~2022年*
  • 民族:モンゴル人
  • 支援地域の課題:
    ・保健衛生・栄養:5歳未満児の17%が慢性的栄養不良(2013年)
    ・教育:貧困や教育環境の未整備が子どもの学力に影響
    ・貧困:失業率が高く、就業者も収入が不安定
    ・地域社会の荒廃:大人のストレスのはけ口となり傷つく子どもたち
    課題について詳しく見るpdfアイコン
  • 支援の成果:プログラム終了報告書を見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

モンゴルの支援地域から届いた動画

「ワールド・ビジョンが私たちの地域に図書館を作ってくれ大変嬉しいです」。2022年9月に支援卒業を迎えるハイラアスト地域より
「子どもたちの成長は地域の教育の良い見本になっています」。2022年9月に支援卒業を迎えるバヤン・ウルギー地域より
コロナ禍でも、子どもたちの健やかな成長のために、活動を継続することができました。(ハイラアスト地域、2021年)

モンゴルの支援地域の活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

モンゴルの支援地域に関するお知らせ

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴル

アフリカ

ウガンダエスワティニ(スワジランド)エチオピアケニアコンゴ民主共和国タンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは