ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(インド)インド:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

インドについて

パキスタン、中国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマーと国境を接し、約13億5,000万人(世界第2位)の人口をもつ南アジア最大の国です。公用語はヒンディー語ですが、憲法で公認されている州の言語は22あります。宗教はヒンズー教が約80%と主流で、イスラム教、キリスト教と続きます。

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

2020年度プログラム近況報告を見る
キラユpdfアイコンサイダペットpdfアイコン
プドゥコッタイpdfアイコンカンドゥクールpdfアイコン




インドの支援地域の地図

支援地域の様子

5歳未満の子どもたちの栄養不良が大きな課題です

チャイスポ申込み1


インドに関するお知らせ 一覧

インドで現在支援している地域

キラユ地域開発プログラム(IND-194000)

  • 支援期間:2009年~2023年*
  • 民族:タミル族
  • 支援地域の課題:
    ・栄養状態5歳未満の栄養不良の子ども 33%(2019年)
    ・保健・衛生:安全な水を利用できる世帯 44%(2019年)
    ・子どもが大切にされていない:子どもの権利や教育についての関心が低い

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

サイダペット地域開発プログラム(IND-194854)

  • 支援期間:2009年~2025年*
  • 民族:タミル族
  • 支援地域の課題:
    子どもが大切にされていない:子どもたちを健全に育成する意識が不足
    ・不安定な雇用と収入:多くの住民が不安定な日雇い労働に従事
    災害への備えが必要2015年の洪水により、大きく被災

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

プドゥコッタイ地域開発プログラム(IND-194856)

  • 支援期間:2009年~2023年*
  • 民族:タミル族
  • 支援地域の課題:
    ・子どもの栄養状態:5歳未満の栄養不良の子ども 約43%(2019年)
    ・保健・衛生衛生的なトイレを使用している世帯 約34%(2019年)
    ・慢性的な貧困:子どもの食費・教育費を賄うことができる世帯 約13%(2019年)

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

カンドゥクール地域開発プログラム(IND-195545)

  • 支援期間:2009年~2023年*
  • 支援地域の課題:
    ・子どもの栄養状態:5歳未満の栄養不良の子ども 約33%(2019年)
    ・保健・衛生:安全な飲料水を得られる世帯 約53%(2019年)
    ・慢性的な貧困:子どもの食費・教育費を賄うことができる世帯 約55%(2019年)

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

デオガル地域開発プログラム(IND-213843)

  • 支援期間:2020年~2031年*
  • 支援地域の課題:
    ・保健・栄養改善:慢性的な栄養不良の子ども 49%(2015年)
    ・子どもの保護:児童婚が多い、特に女性の識字率が低い

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン


*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

インドの支援地域の写真と動画

キラユ地域から届いた動画です(2020年)
サイダペット地域から届いた動画です(2020年)
プドゥコッタイ地域から届いた動画です(2020年)

カンドゥクール地域から届いた動画です(2020年)
インド 地域の様子
台風発生後直ちに、被害を受けた約1万5千世帯に対し、ワールド・ビジョンのスタッフ、ボランティア、警察が協力して、食べ物やろうそく、マッチ、タオル、マットなどの支援物資の配布が行われました。
【キラユ地域】(2019年度)
インド 子どもたちの様子
毎年3歳から18歳の子どもたちを対象に、5日間のライフ・スクールが行われます。このプログラムを通して、子どもたちは、道徳、規律、環境についてや、目上の人を敬い友だちを大切にすること、歌やグループ活動などを学びます。
【キラユ地域】(2019年度)

インド 地域の様子
地域の障がいのある人たちを対象とするイベントが行われ、696人が参加しました。地域の障がい者福祉局がすべての参加者を障がい者と認定し、それぞれの必要に応じたケアが受けられるよう文書を発行しました。医療チームが医療的な援助をし、カウンセリングも行われました。
【キラユ地域】(2019年度)
インド 地域の様子
子どもの性的虐待と児童労働の協議会で、子どもグループの代表が、地方政府に子どもが直面している課題を説明し、子どもマニュフェストを手渡しました。 「地域のリーダーたちと課題を共有できて嬉しいです。ワールド・ビジョンに感謝しています」子どもグループ代表 シヴァガミちゃん
【サイダペット地域】(2019年度)
インド 子どもたちの様子
ワールド・ビジョンの暴力撤廃キャンペーンで、子どもの保護に関する啓発本が15校の3616人の生徒に配られました。 「色々な虐待から自分たちを守るための方法が分かりやすく書かれていて、良い本です。こんな本が必要でした。」ダナセカルちゃん(7年生)
【サイダペット地域】(2019年度)



インド 子どもたちの様子
ライフ・スクールは、毎年地域で開かれる子どものためのプログラムです。歌やダンス、劇を通して、ライフ・スキルを学びます。今年は、3543人の子どもが参加しました。「遊びを通して、さまざまなライフ・スキルが学ぶことができるので、とても有意義です」ラマリンガムさん(子どもの保護・権利メンバー)
【サイダペット地域】(2019年度)
インド 地域の様子
地域保健員のレンガナヤキさんは、5歳以下の子どもの体重を定期的に測り、栄養不良の子どもたちが適切なケアが受けられるよう働きかけています。
【プドゥコッタイ地域】(2019年度)
インド 子どもたちの様子
支援が最も必要とされる重点地域で、子どもに対する暴力撤廃キャンペーンのイベントが行われました。参加した子どもたちが、署名をしました。
【プドゥコッタイ地域】(2019年度)




インド 地域の様子
地域保健員が2歳以下の子どもを持つ母親を対象に、カウンセリングを実施しています。カウンセリングは、妊娠中、育児中の母親に対して行われます。
【プドゥコッタイ地域】(2019年度)
インド 子どもたちの様子
地域では、子どもクラブの活動が月に2回行われています。子どもの権利や子どもの保護について学んだり、さまざまなライフ・スキルを学んでいます。
【カンドゥクール地域】(2019年度)
インド 子どもたちの様子
若者たちが学校の保健衛生プログラムに参加して、衛生的な生活習慣について学びました。不衛生な環境で罹る病気について知ることができました。
【カンドゥクール地域】(2019年度)
インド 地域の様子
災害リスク対策のプログラムで、45人が火の元の安全管理の研修に参加しました。火事のときにどのように対処すれば良いかなどを学びました
【カンドゥクール地域】(2019年度)

インドでの活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴル

アフリカ

ウガンダエスワティニ(スワジランド)エチオピアケニアコンゴ民主共和国タンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは