ワールド・ビジョン・ジャパンは世界21カ国でチャイルド・スポンサーシップによる支援活動を実施しています。

国旗(バングラデシュ) バングラデシュ人民共和国:子どもたちはこんな支援地域で暮らしています

バングラデシュについて

南アジアに位置し、インド、ミャンマーと国境を接し、南はインド洋に面しています。日本の4割ほどの国土に約1億5000万人が暮らしています。
ベンガル 人が人口の98%を占め、イスラム教徒が約90%と多数派です。
公用語はベンガル語。首都はダッカ。
国の中央部をガンジス川が流れ、国土の大部分はデルタ地帯で、サイク ロンや洪水などの自然災害の被害を受けやすい国です。

地図(バングラデシュ)

チャイルド・スポンサーシップにより、地図の★印のついた地域で支援活動を行っています。

2016年度プログラム近況報告
カルマカンダpdfアイコンフルバリアpdfアイコンビロルpdfアイコンビルゴンジpdfアイコン

現在支援している地域

カルマカンダ地域開発プログラム(BGD-169848)

  • 支援期間:1995年~2019年*
  • 民族:ベンガル人および少数民族(マンディ(ガロ)族、ハジョン族)
  • 支援地域の課題:
    ・低い収入・経済状態:土地を持たない人が収入を得る機会が限られている
    ・保健衛生:水が原因の感染症が多く、トイレの普及が遅れている
    ・教育:教育環境が劣悪で、教育の質も低迷

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

ビロル地域開発プログラム(BGD-186137)

  • 支援期間:2007年~2026年*
  • 民族:ベンガル人(98%)、少数民族(サンタル族、オラオン族、ムショホル族)
  • 支援地域の課題:
    ・乏しい教育環境と機会:地域の7歳以上の住民の識字率 約64%
    ・劣悪な保健・衛生状態:5歳以下の栄養不良の子どもの割合 43%
    ・低い所得と食料不足:1日2ドル以下の収入で暮らす世帯 約50%

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

ビルゴンジ地域開発プログラム(BGD-192234)

  • 支援期間:2010年~2025年*
  • 民族:ベンガル人(98%)、少数民族(サンタル族、オラオン族、ムショホル族)
  • 支援地域の課題:
    ・乏しい教育環境と機会:就学前教育の場が不足し、小学校入学の準備ができない子どもが多い
    ・劣悪な保健・衛生状態:5歳以下の低体重の子どもの割合 20.3%
    ・低い所得と食料不足:子どもの食費・教育費を賄うことができない世帯 37%
  • ビルゴンジは、バングラデシュの首都ダッカ車で8.5時間ほどのところにあり、多くの少数民族が住んでいる地域です。少女の早婚、児童労働、家庭内暴力なども地域社会の問題となっています。

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

フルバリア地域開発プログラム(BGD-185387)

  • 支援期間:2007年~2026年*
  • 民族:ベンガル人(98%)、少数民族(ガロ族、コーシ族)
  • 支援地域の課題:
    ・乏しい教育環境と機会:子どもたちの退学率 初等教育:4.78%、中等教育:5.75% 早婚などの問題もあります
    ・劣悪な保健衛生・栄養状態:5歳以下の低体重の子どもの割合 約47%
    ・低い所得と食料不足:年間を通じて十分な食料を得られない世帯 約43%

地域の情報を詳しく見るpdfアイコン

*支援期間はプログラム準備期間を含みます。支援終了予定日や活動の目標は、予期しない突発事項やプログラムの進捗状況により、変更される場合があります。

※カハロル地域(BGD-192233)での支援活動は、2016年6月末をもって終了しました。詳しくはこちら

支援地域の写真と動画

カルカマンダ地域から届いた動画です(2016年)


フルバリア地域から届いた動画です(2016年)


【カルマカンダ地域】子どもフォーラムのリーダーが、コミュニティ・センターで月次ミーティングを行っています。(2016年)



【カルマカンダ地域】支援のもと、住民組織が地域の栄養不良の子どもたちの栄養状態改善のために活動しています。写真は10人の栄養不良の子どもたちのために行われた12日間の栄養改善プログラムの様子です。(2016年)



【フルバリア地域】マンキンさんは、堆肥作りの研修に参加し、自分で堆肥を作り、販売できるようになりました。おかげで、家計の収入が増え、子どもたちの教育費を払えるようになりました。(2016年)



【ビロル地域】子ども議会の子どもたちはトレーニングと講習を受け、ほかの子どもたちをどのようにリードし協力したら良いか学びました。これらは子どもたちが自分自身について発見し、成長する助けとなります。(2016年)


支援活動報告書

*2016年度より、支援活動を行った年度ではなく報告書を作成した年度を表記しています。このため2016年度以降のプログラム近況報告は、実際には前年度に行った支援活動に関する報告となっています。

過去のお知らせ 一覧

チャイルド・スポンサーシップによる支援国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル
チャイルド・スポンサーシップとは