「この子を救う。未来を救う」~ビティちゃんのストーリー~

(2015.12.14)

今、あなたはどこにいますか?私は、ビティ。ここにいます。

7歳で、メイドになりました
初めての日、仕事が多すぎて
どうすればいいかわからず
一日中泣きました

同じ家の同い年のお嬢さんは
学校に行っていました

11歳で、工場で働き始めました
知らない人に囲まれ、不安で
また涙が止まりませんでした

それから6年
ずっと工場で働いています
何度か指をミシンに巻き込み ひどく出血しました
指に突き刺さった針を抜いて、働き続けました
家族のためです

夜10時まで残業した後の帰り道
一人で歩きたくはありません
本当は、怖いのです

お母さんは早く結婚しなさいといいます
でも、私はまだしたくありません

今、17歳です
お医者さんになって、人の役に立ちたいです

バングラデシュのビティちゃん

ビティちゃんの日常

一日中、休むことなくミシンの音が鳴り響きます。お父さんが病気になってからずっと、ビティちゃんは家族のために働きづめです
一日中、休むことなくミシンの音が鳴り響きます。お父さんが病気になってからずっと、ビティちゃんは家族のために働きづめです
「宝物を見せて」というと、小さなリップスティックを見せてくれました
「宝物を見せて」というと、小さなリップスティックを見せてくれました
「その人が、いい人生をおくれるように、病気にならないように助けたい」ビティちゃんは優しい笑顔を見せてくれました
「その人が、いい人生をおくれるように、病気にならないように助けたい」ビティちゃんは優しい笑顔を見せてくれました

クリスマスまでに3000人のチャイルド・スポンサーを募集しています!

今も、世界には・・・

・世界の5人に1人が1日150円未満で生活しています。
・1億6795万人の子どもが児童労働を強いられています。
・5700万人の子どもに教育の機会がありません。
・毎日約1000人の子どもが、水が原因で命を落としています。
・年間590万人の子どもが5歳になれずに命を落としています。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、このような厳しい環境に生きる世界の子どもたちに支援の手を差し伸べるため、
11/2(月)~12/28(月)まで、「この子を救う。未来を救う。」クリスマスキャンペーンを行っています。
子どもたちにチャイルド・スポンサーを見つけるため、今、温かいご支援をお待ちしています。

チャイスポ申込み1

ページトップアイコン「この子を救う。未来を救う」~ビティちゃんのストーリー~ トップに戻る