「この子を救う。未来を救う」~チャイルド・スポンサーシップ~

1日150円の支援 ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップ資料請求



今、あなたはどこにいますか?僕は、マスド。ここにいます。

バングラデシュ北部の小さな村
薄暗い家具工場で、働く男の子がいます

一日中、重い木材を運び、加工します
「ほんとうは、学校へ行って勉強したい」
勉強が好きで、成績も良かったマスド君
医者になるのが夢でした

お父さんはいません
ダッカに働きに出たお母さんからは お金が届きません
病気のおばあちゃんと、二人きりで暮らしています

一日働いて得られるお金は、とてもわずかです
「もし、好きな物を買えるとしたら何が欲しい?」
「おばあちゃんに何か買ってあげたい」

今、12歳です
僕の宝物は
おばあちゃんです

バングラデシュのマスド君

マスド君の日常

朝から晩まで働いても、わずかなお金にしかなりません
朝から晩まで働いても、わずかなお金にしかなりません
小さな手は、木ヤニのようなもので汚れています
小さな手は、木ヤニのようなもので汚れています
その日にあったことを、毎日おばあちゃんに話します。おばあちゃんは、どんなささいなことも耳を傾けてくれます
その日にあったことを、毎日おばあちゃんに話します。おばあちゃんは、どんなささいなことも耳を傾けてくれます

1日あたり150円の支援で、マスドくんのような子どもたちを救うことができます

子どもたちの健やかな成長のために、
子どもを取り巻く環境を継続的な支援により改善するプログラム、
それがワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップです。

子どもたちに十分な食事や、安全な水、教育の機会を確保し、
将来の選択ができるよう、家族と地域の環境を改善していきます。

あなたを待っている子どもたちがいます。まずは知ることからはじめてください。
1日150円の支援 ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップ資料請求


リンクチャイルド・スポンサーシップについてHPでもっと知る
リンクチャイルド・スポンサーシップに参加する

ページトップアイコン「この子を救う。未来を救う」~マスドくんのストーリー~ トップに戻る