ネパール: シッタちゃんのストーリー ~カトマンズの土管の中で~

(2017.11.22)

今、あなたはどこにいますか? わたしは、シッタ。ここにいます。


お母さんと弟と
よりよい生活を夢見て
この街にやってきました
お父さんは、いません

食べ物も家もなく
3人で土管の中で暮らしました
体中が雨でぬれたり
虫がいっぱい入って来たり
毎日とってもこわかったです

今はスラム街にあるおうちの
片隅で寝かせてもらっています
でも、自由はありません

わたしはシッタ、11歳です
前は警察官になりたかった
今は、ただお母さんを助けたい

お母さんは、わたしを学校に
行かせたいと思っているけど、
とても無理だとわかっているから




シッタちゃんの日常

シッタちゃんは一日中家事のお手伝いや弟の世話をしています。朝は井戸水で弟の手と顔を洗ってあげます

「前は警察官になりたかったけど、今は考えてない。だって学校に行かないと警察官にはなれないもの」

お母さんは、なんとか皿洗いの仕事に就き休みなく働きましたが、解雇されたばかり。その日暮らしの厳しい生活を送っています

クリスマスまでに、3000人の子どもに支援を届けたい。チャイルド・スポンサー募集中!


今も、1億6795万人の子どもが児童労働を強いられています。
5700万人の子どもに教育の機会がありません。
毎日約1000人の子どもが水が原因で命を落としています。

ニュースに出ることもない静かな「貧困」が、子どもたちの命を、生きる自由を、奪っていきます。


あなたの助けを待っている、子どもたちがいます。

チャイルド・スポンサーになってください。
子どもたちの夢が消えてしまう前に。


チャイスポ申込み1

ページトップアイコン「ネパール: シッタちゃんのストーリー ~カトマンズの土管の中で~」トップへ戻る