ネパール: リナちゃんのストーリー ~カトマンズのカーペット工場で~

(2017.11.17)

今、あなたはどこにいますか? わたしは、リナ。ここにいます。


家族を養うため
山中の小さな村から
一人でこの街にやってきました
12歳のときです

それからはずっと
カーペット工場で
住み込みで働いています
朝6時から夜9時まで
ひたすら手で模様を織ります

2畳の部屋に6人で寝ます
自由な時間はありません
大好きな家族に会えるのは
年に一度、2日だけ

時々、美しい故郷のことを
家族や友だちのことを思い出します

わたしはリナ、15歳です
夢はありません
昔は先生になりたかったけれど




リナちゃんの日常

朝6時から夜9時までここにじっと座り、1日15時間休みなくカーペットを織り続けます

この2畳ほどの狭く暗い部屋で、同じ工場で働く6人の女の子たちと暮らしています

「昔は学校が好きで、先生になりたかった」。今はそのかなわぬ夢はあきらめてしまいました




クリスマスまでに、3000人の子どもに支援を届けたい。チャイルド・スポンサー募集中!


今も、1億6795万人の子どもが児童労働を強いられています。
5700万人の子どもに教育の機会がありません。
毎日約1000人の子どもが水が原因で命を落としています。

ニュースに出ることもない静かな「貧困」が、子どもたちの命を、生きる自由を、奪っていきます。


あなたの助けを待っている、子どもたちがいます。

チャイルド・スポンサーになってください。
子どもたちの夢が消えてしまう前に。


チャイスポ申込み1

ページトップアイコン「ネパール:リナちゃんのストーリー ~カトマンズのカーペット工場で~」トップへ戻る