独立から2周年 南スーダンの今

2013.07.12

少しずつ、復興への道のりを歩んでいます

支援で受け取ったバケツで水を運ぶ女の子たち
支援で受け取ったバケツで水を運ぶ女の子たち

南スーダン共和国は、7月9日で独立から2年目を迎えました。
1983年から2005年1月に南北包括和平合意が締結されるまで20年近く続いた紛争の傷跡は深く、復興への道のりは、少しずつ、ゆっくりと進んでいます。

ワールド・ビジョンは、紛争中に戦禍を逃れた人々がケニア等の難民キャンプに避難していた時期から、紛争が終わり人々が故郷へ帰還して新しい生活を立ち上げようとしている今にいたるまで、南スーダンの人々に寄り添った息の長い支援を継続しています。

現在は、スーダンとの国境のアッパーナイル州ファショダ郡において、ジャパン・プラットフォーム(JPF)と連携し、皆さまからの募金によるご協力を得て、水衛生・初等教育の支援事業を行っています。

現地に駐在する國吉スタッフから届いた、南スーダンの今を伝える子どもたちの写真をぜひご覧ください。

南スーダンの典型的な家屋
南スーダンの典型的な家屋
はにかんだ笑顔がかわいい男の子
はにかんだ笑顔がかわいい男の子
カメラに興味津々の子どもたち
カメラに興味津々の子どもたち
女の子が、お気に入りのバッグを見せてくれました
女の子が、お気に入りのバッグを見せてくれました

【関連ページへのリンク】
・これまでにJPFと連携して実施した事業の報告書はこちら
・南スーダンに駐在中の國吉スタッフのブログはこちら
・2007~2010年に南スーダンに駐在していた伊藤スタッフのブログはこちら