クリスマス募金箱

クリスマス募金箱を、先着3000名に無料でプレゼント!

※お申し込みは締め切りました

世界の子どもたちを想い、楽しく募金できる24日間

「クリスマス募金箱」とは、クリスマスを待ち望む12月1~24日までの間、アドベントカレンダーのように毎日一つずつ窓を開け、硬貨を入れていく募金箱です。

アドベントカレンダーは、窓を開けるたびにお菓子などのちょっとした喜びがもらえる仕組みになっていますが、クリスマス募金箱は逆に世界の子どもたちに喜びを贈る仕組みになっています。

喜びを贈る先(募金を送る先)は、紛争や気候変動の影響により水や食糧の不足に苦しむ子どもたち。ワールド・ビジョンが活動する南スーダンやソマリアなどでの支援事業に役立てられます。

「このお金はどんな子に届くかな?」「南スーダンの子どもたちはどんな暮らしをしているんだろう」と、世界の子どもたちに想いを馳せながら、やさしい気持ちでクリスマスを迎えていただけます。

【今年はペコちゃんが応援!】
クリスマス募金箱の趣旨に賛同してくれたペコちゃんが、募金箱のデザインとなって登場!世界各国の民族衣装を身にまとい、各地域の代表的なお菓子を紹介しています。募金箱の小窓を開けると、お菓子の説明が見られる楽しい仕掛けも。お菓子を食べることもままならない厳しい状況に置かれた子どもたちのため、ペコちゃんと一緒に募金にチャレンジしませんか?

クリスマス募金箱。2020年はペコちゃんのデザインです
今年は不二家の「ペコちゃん」が登場。各地域の民族衣装を着たペコちゃんが、世界のお菓子を紹介してくれます 
集まった募金をお送りくださった皆さまには、感謝状(1月末送付予定)と報告書(3月発送予定)をお届けします。報告書には、募金により実施した活動を掲載。支援の成果をご覧いただくことができます。

クリスマス募金箱を、先着3000名に無料でプレゼント!

※お申し込みは締め切りました

2分でわかる!クリスマス募金箱の使い方

一人でも多くの子どもに、笑顔が生まれますように

政情不安などで食糧生産が困難な南スーダン。今年は新型コロナウイルス感染症や気候変動によるバッタの大発生による食糧危機がより一層深刻です。紛争、災害、気候変動等により、世界各地で食糧危機が起こっています。

このような子どもたちの状況を知っていただき、支援をより身近に感じていただくため、有限会社福島デザイン外部リンク様のご協力により、クリスマス募金箱は始まりました。5年目の今年は、不二家の大人気キャラクター「ペコちゃん」がパッケージデザインに登場。かわいいペコちゃんが、毎日の募金を応援します。

食糧支援を受けた子ども
食糧支援を受けた子ども(南スーダン)

クリスマス募金箱を、先着3000名に無料でプレゼント!

※お申し込みは締め切りました