世界の識字率 最低は15% | 原因とワールド・ビジョンの取り組み

読み書きができない生活を、あなたは想像することができますか?

本が読めない、注意書きがあっても意味が分からない、病気になっても薬の飲み方がわからない、モノを買うときにだまされてしまうかもしれない。自分の名前を書くことができないので、選挙に投票することもできなければ、社会サービスを受けるための書類も書けず、どんどん社会から、世界から取り残されていってしまう...。

そんな状況で日々暮らしている人々が、いま現在でも、世界中に7億人以上います。(統計データ|世界子供白書2017より)

今回は、世界の識字率に注目して、読み書きができないことで起こる問題、原因を解説していきます。

識字率とは

学校で勉強する子どもの様子
学校で勉強する子どもたち

識字という言葉の意味をご存知しょうか。

識字とは、読み書きができる能力のことです。ユネスコでは「日常生活で用いられる簡単で短い文章を理解して読み書きできる」ことを、基準としています。(注1)

識字率とは、「読み書きができる人の割合」で、その国の教育水準を表す指標として用いられています。

識字率が低い世界の国々

開発途上国の様子

識字率自体は、世界レベルで年々向上しています。

成人(15歳以上)の識字率は、1990年では76%であったのに対し、2016年には86%にまで伸びています。(注2)ミレニアム開発目標など、世界各国で「初等教育の完全普及の達成」に向けて活動したことが実を結んでいると言えるでしょう。

しかし、それでもなお、学校に通えない子どもが約5800万人、読み書きができない大人が約7億8100万人いるのが現状です。(注3)

世界の識字率の現状

ユニセフの調査によれば、2011年〜2016年における成人の識字率は、世界平均で78%ですが、後発開発途上国だけで見ると63%にまで低下します。

後発開発途上国とは、開発途上国の中でも特に開発が遅れているとされる47カ国を指します。うち33カ国は、南スーダンやルワンダなどアフリカの国々です。(注4)

特に識字率が低い国々としては以下になります。(注5)

国名

成人の識字率(%)
2011-2016年

ニジェール 15%
チャド 22%
南スーダン 27%
マリ 33%
中央アフリカ共和国 37%

また、国全体としては識字率が高くても、地域によって識字率が大きく異なる例もあります。

以下の図は、ベトナムのディエン・ビエン州と全国平均を比較したデータです。ディエン・ビエン州は、ベトナムで最も貧しい州のひとつです。

ベトナムの子どもの状況
ベトナムの子どもの状況

引用:(注6)

2010年時点のベトナムにおいて、15歳以上の識字率は、全国平均で男女ともに90%以上あるのに対して、ディエン・ビエン州では男性は約76%、女性は約51%しかありません。

冒頭で、識字率が世界平均で90%近くまで向上していると述べましたが、国別・地域別で見れば、まだまだ改善の余地があることがわかります。

識字率が低い国の特徴

識字率が低い国は、「5歳未満児の死亡率」が高いという特徴があります。

以下の表は、前述した低識字率国の、識字率と「5歳未満児の死亡率」を並べたデータです。
(※「5歳未満児の死亡率」:出生時から満5歳に達する日までに死亡する確率。出生 1,000人あたりの死亡数で表す)

国名

成人の識字率(%)
2011-2016年

5歳未満児
死亡率
の順位

5歳未満児
死亡率
2016年

ニジェール 15% 11 91
チャド 22% 2 127
南スーダン 27% 11 91
マリ 33% 5 111
中央アフリカ共和国 37% 3 127
後発開発途上国 平均 78% - 68
世界 平均 63% - 41

引用:注5
(※死亡率の順位は上位ほど死亡率が高くなる。最低順位は192位)

このデータを見る限り、識字率が低い国は、5歳未満児の死亡率が高い傾向があることがわかります。成人の識字率が15%しかないニジェールでは、出生 1,000人あたり5歳の誕生日を迎えられずに命を落とす子どもが91人もいます。世界平均での41人、日本での3人と比べ、非常に多くの子どもが命を落としているのです。

読み書きができないと起こる問題

子どもが働いている様子

日本における初等教育の純就学率は100%(注1)であり、身体的・精神的ダイバーシティを持つ人を除けば、ほとんどの人が読み書きをすることができます。そのような社会では気づきにくいかもしれませんが、読み書きができないことは、日常生活に大きな支障をもたらします。

仕事を選ぶことができない

読み書きができなければ、安定した仕事に就くことは難しくなります。

現代社会において、読み書きを全くしなくても済む仕事が、いったいどれだけあるでしょうか? あなたの身の回りの仕事でも、業務中にマニュアルや資料を読んだり、報告書をやりとりしたりすることは、いたって普通のことでしょう。

もちろん職業に貴賤はありませんが、どんな仕事でも、少しでも改善しようとすれば、必ず読み書きをする場面は求められます。読み書きが必要ない仕事となると、どうしても単調な仕事、危険な仕事に限られてしまいます。

読み書きができる人が少ない社会では、企業が育ちづらく、国の経済も発展が難しくなります。結果、雇用機会も生まれづらく、貧困も解消されない、という負の連鎖に陥ります。

公共サービスを正しく受けられない

読み書きができないと、公共サービスを受けるために必要な情報を得て理解すること、手続きをすることができない、といった問題が起こります。

正しい情報を得ることができないことによって、意図しないトラブルを招いたり、悪意のある人に騙されてしまう危険もあります。

薬の説明や、注意書きを読むことができない

字が読めないと、薬を正しく服用することができません。病気になって、医者から薬を処方されても、飲み方がわからない、ということが起こってしまうのです。

また、危険なエリアに注意書きがされていても、それに気づかず命の危険にさらされることも起こりえます。

読み書きができない理由とは

女の子が困っている写真

ここまで、世界の識字率の現状と、読み書きができないことで起こりうる問題についてご説明してきました。

ここからは、子どもたちが読み書きができないまま、大人になってしまう原因をご説明していきます。 原因は、大きく3つあります。

学校が近くにない・教育の質が低い

学校が近くにないために教育を受けることができない子どもたちがいます。地域によっては、学校まで何時間も歩いて通わなければなりません。また、学校に行っても先生が来ていないことが日常的に起こるような国もあります。そうした環境では、継続的に学校に通うことが難しくなります。

また、 少数民族の子どもたちが、正しく適切に教育を受けられないケースもあります。例えば、ベトナムの山岳地帯に暮らす少数民族の子どもたちはベトナム語の授業についていけず、学校を中退してしまうことが少なくありません。

女性に教育は必要ないと考えられている

女性には教育が必要ないという慣習が根強く残る地域もまだまだ存在します。女性は早く結婚して家事をするものだから、学校の勉強は役に立たないという考え方です。

また、学校に女性用のトイレがない、通学路で襲われてしまう危険があるといった理由で、女子生徒が学校に通うことができない地域も存在します。

世界の成人女性の識字率
世界の成人女性の識字率
引用:注2

戦争や紛争が起こっている

2018年1月、ユニセフによると「世界の紛争や災害の影響を受ける国々に暮らす若者15歳~24歳のうち、読み書きができない人の数はおよそ10人に3人の5,900万人で、その割合は世界の非識字率の3倍にのぼる」と発表しています。(注7)

例えば、ヨルダンに住むシリア難民の子どもたちは、紛争で学校に行けない期間が長かったために授業で落ちこぼれたり、いじめや差別を受けて学校に通えなくなってしまうことがあります。

関連リンク:
リンク【スタッフ座談会】 今「教育支援の現場」で何が起きているのか|国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

識字率向上のためにワールド・ビジョンが取り組んでいること

笑顔の子どもたち
笑顔の子どもたち

ワールド・ビジョンは、識字率向上のために、チャイルド・スポンサーシップを中心とする支援プログラムを通じて、どのような状況においても、子どもたちが教育を受けることができる環境づくりを行っています。

具体的には、以下のような例があります。

  • 教室の数を増やす
  • 教材、備品、机やイスを支援する
  • 女性用トイレを学校に建設する
  • 読み書きの補習を行う
  • 教員向けに研修を行う
  • 教員用の寮を整え、遠隔地域にある学校への赴任を促す

支援地域の人々が子どもの健やかな成長のために必要な環境を整えていけるよう、長期的な支援プログラムに力を入れています。

リンクチャイルド・スポンサーシップについて詳しく知る

参考資料

ページトップアイコン世界の識字率 最低は15% | 原因とワールド・ビジョンの取り組み トップへ戻る

そんな私たちの活動を支えるのは、
「チャイルド・スポンサーシップ」というプログラムです。
チャイルド・スポンサーシップは、
月々4,500円、1日あたり150円の皆さまからの継続支援です。

貧困、紛争、災害。世界の問題に苦しむ子どもとともに歩み、子どもたちの未来を取り戻す活動に、
あなたも参加しませんか。

今あなたにできること、一日あたり150円で子どもたちに希望を。

支援の方法を詳しく知る

世界の教育と子どもたちについてもっと学ぼう

教育問題3つの原因と解決策。開発途上国の子どもたちにできることは?

世界的に、学校に通える子どもの数は増えたとされています。しかし、開発途上国と言われる国々では、いまなお、5人に1人の...

子どもの権利条約《日本批准25周年》課題と私たちにできることとは?

すべての子どもたちは、大人と同じように権利を持っています。子どもの権利を守ることは大人の責任と義務でもあり、世界各国は、子どもの権利を守るため自らの行動について目標を掲げともに進んで...

世界の識字率 最低は15% | 原因とワールド・ビジョンの取り組み

読み書きができない生活を、あなたは想像することができますか?本が読めない、注意書きがあっても意味が分からない、病気に...

乳児死亡率が高くなる原因は? 生まれた日に亡くなる子どもは世界で90万人

世界中で、どれくらいの子どもたちが亡くなっているかを知っていますか?2017年、世界中で540万人の子どもたち(5歳未満児)...

【世界の女子教育】女の子が学校に通えない3つの原因

「女の子だから学校に通えない」今の日本で、性別が理由で教育を受けられないことはあるでしょうか? おそらく、多くの方が性別...

ESDとは?教育の取り組みを知ろう

「ESD」という単語を耳にしたことはあるでしょうか。 現在、世界ではさまざまな問題が存在しています。最近では、環境問題など...

カンボジアの教育問題と現状を知ろう

「カンボジア」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。アンコールワットなどの世界遺産を思い浮かべる方も多いかもしれません。今では観光地のイメージのあるカンボジアですが、1990年代まで20年以上に...

開発途上国での学校の課題とは《教育格差の現状を知ろう》

2018年に発表された国連児童基金(ユニセフ)の報告書によると現在世界では、およそ3億300万人の子ども(5歳~17歳)...

世界の子どもたちについて、もっと知りたい皆さまには資料をお送りします。
ご登録のメールアドレスにメールマガジンをお届けすることもできます。