先生になったフィリピンのレザミさん

(2016.6.24)

貧しさを乗り越え学校の先生に

「ワールド・ビジョンが村に来てくれて、すべてが変わりました」

こう話してくれたのは、かつてチャイルド・スポンサーシップの支援を受け、夢をかなえて学校の先生になったレザミさんです。

フィリピン、ミンダナオ島に生まれたレザミさん。お父さんはココナッツ農家で、小さなお店も経営していましたが、家族は貧しく、レザミさんも店番をして家族を支えました。友達と遊ぶ時間もなく、「子ども時代はなかった」と言います。それでも勉強がしたかったレザミさんは、「店番をしながら、売上を計算したりして数学の勉強をしていたの」と言います。

夢をかなえたチャイルド元チャイルドのレザミ先生(23歳)

教育の力で子どもたちに希望を

「ワールド・ビジョンが村に来てくれて、すべてが変わりました。学用品などを支給してくれ、私にも可能性があるということを教えてくれました」

優秀な成績で学校を卒業し、大学にも進学したレザミさんは、貧しさの中将来を諦めてしまう子どもたちの力になりたいと、地元の公立小学校の教師となりました。

「私の村では、多くの親が教育を受けられずに育ち、懸命に働いてもわずかな収入しか得られません。そのため、子どもたちも学校に通えないという悪循環です。貧困の連鎖を断ち切り、子どもたちに夢をかなえてほしい。教育にはその力がある、と私は信じています」

そう力強く語るレザミさん。小学校が休みの日も保護者の家を訪ね歩き、厳しい家庭環境の子も学校に通えるよう話をします。

夢をかなえたチャイルドレザミさんのクラスの子どもたち

「すべての子どもたちが、神様から贈られた才能があるということに気づいてほしい。教育の力で子どもたちの人生に変化を起こせる今の仕事を、心から誇りに思っています」

かつての自分と同じ境遇の子どもたちのため、レザミさんは今日も奮闘しています。

「今の仕事を、心から誇りに思っています」
今、アジアの支援地域でチャイルド・スポンサーを待っているチャイルドは約8000人(6/14現在)。
ぜひチャイルド・スポンサーシップに参加し、子どもたちの夢を支えてください!
チャイスポ申込み1
関連記事

リンク夢をかなえたチャイルド~医師となったケニアのジョンさん~

リンク夢をかなえたチャイルド~先生となったタンザニアのエリエットさん~


ページトップアイコン
ページのトップに戻る