あの子は、今?

チャイルド・スポンサーシップの支援終了後、子どもたちはどうしているの?知られざる、「その後」のストーリーを、ぜひご覧ください。

チャイルド・スポンサーシップは、月々4,500円、1日あたり150円の継続支援です。

チャイルド・スポンサーになっていただいた方には、支援地域に住む子ども"チャイルド"をご紹介します。
ご支援金はチャイルドやその家族に直接手渡すのではなく、子どもを取り巻く環境を改善する長期的な支援活動に使います。
子どもたちと地域の人々が〝未来を切り拓く力〟をつけられるように支えます。

子どもたちは「自立した大人」になれるの?

支援が終わったら、支援前の状態に逆戻りしちゃうのでは?
子どもたちは、大きくなったら、私たちのことを忘れちゃうんじゃない?
「人に助けてもらう」のが当たり前、になってしまうんじゃないの?

そのような心配は、いりません。

チャイルド・スポンサーシップを通じて、子どもたちは"未来を切り拓く力"を身に着け、自立していきます。
そして、あなたが贈った「思いやり」は、ずっと彼らの心の中に、光り続けます。
自分の夢をかなえて、社会で生き生きと活躍する、元チャイルドたちのサクセス・ストーリーをご覧ください。

夢をかなえたチャイルドたち

地域の女の子の
希望の光に

ケニアのナンシーさん

「女の子は、学校に行かずに、早く結婚しなさい」そんな地域で育ったけれど、国で一番の大学・ナイロビ大学で修士号を取り、開発援助の仕事で世界中の子どもを救っているナンシーさん。今や、地域の女の子のロールモデルです。

詳しく見る

ムンバイの「死の電車」を安全に

インドのジョセフさん

生まれたのは、明日の食べ物もない貧困家庭。しかし教育のおかげで、彼の才能は埋もれることなく、開花します。技術者となり、事故を防ぐ特許技術を開発して、多くの命を救いました。

詳しく見る

ずっと続く
支援者との絆

フィリピンのアナさん

お母さんを幼いころに亡くし、きょうだいたちを支えなければなりませんでした。そんな時に励ましになった、チャイルド・スポンサーからもらった手紙を、大人になってもずっと大切に保管しています。

詳しく見る

夢があふれる
楽器修繕屋

グアテマラのジョバンニさん

クラシック音楽が大好きだったけれど、育ったスラム街では、誰からも理解されません。でもチャイルド・スポンサーからの夢への後押しのおかげで、楽器の修繕屋になり、自分らしく、楽しく働いています。

詳しく見る

悪夢から覚めたら
紛争孤児に

ルワンダのマーリンさん

4歳のころ、紛争で両親を亡くし、一人ぼっちになりました。「一人じゃないよ」、彼女の孤独をいやし続けたチャイルド・スポンサーのおかげで、今は、多くの子どもたちに寄り添う、学校教師に。

詳しく見る

子どもを学校へ送迎する
ドライバー

レソト王国のマトソさん

支援を受けた自分の経験から、子どもの将来のために、どれだけ教育が大事かを知るマトソさん。地域の子どもたちを学校に送迎し、彼らの笑顔と未来を守っています。

詳しく見る

あなたが子どもの人生を変えると、あなたの人生も変わります。

あなたの支援で、この子の未来が変わる

チャイルド・スポンサーになると、支援地域に暮らす子ども「チャイルド」をご紹介します。チャイルドからは毎年写真付きの成長報告や手紙が届き、1対1の絆が生まれます。あなたのご支援、子どもがでどんどん笑顔になり、健やかに成長する様子を、手に取るように実感できます。

子どもたちとの絆

遠い外国に住む子どもには、なかなか会えません...。でも、手紙を通じての交流や、子どもに会いに行く支援地訪問ツアーを通じて、彼らと強い絆が出来ます。その深い絆は、きっとあなたの心を温めるでしょう。

新しい世界に出会う

「自分のできる範囲での支援が、こんなに誰かの人生を変えるなんて」チャイルド・スポンサーの方々から、よくこのような声が届きます。遠い異国のことを知るだけでなく、「思いやりで人々がつながる世界」が、あなたの目の前に広がるはずです。

よくあるご質問

貧困の状況や家庭環境などの条件に基づき、特に厳しい環境に暮らし、励ましを必要とする子どもがチャイルドとして選ばれます。アジア・アフリカ・中南米の支援地域に暮らす0歳~13歳のチャイルドからご紹介します。特にご希望がある際は、地域・性別をご指定いただくことも可能です。

皆さまのご支援金は、チャイルド個人の教育や病気治療などに使わせていただくほか、チャイルドが暮らす地域の人々が自力で子どもたちを支えていけるよう力をつけるためにも使われます。チャイルド個人だけでなく、そのチャイルドを取り巻く環境も10年~15年かけて計画的に変えていくからこそ、支援から「卒業」できると考えます。

チャイルドが住む地域の支援プログラムが終了するか、チャイルドの状況が変化し支援が必要なくなるまで支援活動は続きますが、皆さまのご支援期間は自由ですので、事情によりご支援が難しくなった際はご連絡ください。中止の手続きを承ります。ご紹介したチャイルドには責任をもって新しいチャイルド・スポンサーを探させていただきますので、ご安心ください。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、東京都より認定を受けた認定NPO法人のため、いただいたご支援金は寄付金控除等の対象になります。確定申告によってこの税制優遇を受けることができます。個人の確定申告では「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択でき、「税額控除」を選ばれると寄付金の最大40%が戻ってきます。
※一部の住民税についても寄付金控除等の対象となる場合があります。東京都と神奈川県の住民税は控除対象となっています。

そんな私たちの活動を支えるのは、「チャイルド・スポンサーシップ」というプログラムです。
チャイルド・スポンサーシップは、月々4,500円、1日あたり150円の皆さまからの継続支援です。

貧困、紛争、災害。世界の問題に苦しむ子どもとともに歩み、
子どもたちの未来を取り戻す活動に、
あなたも参加しませんか。

今あなたにできること、
一日あたり150円で子どもたちに希望を。

チャイルド・スポンサーシップに参加する

支援の方法を詳しく知る

きっと、子どもの笑顔の数で未来は決まる。

チャイルド・スポンサーシップに参加する