【熊本地震 第2報】益城町の避難所に支援を届けました

(2016.04.18)

飲料と衛生用品を配布

NGOワールド・ビジョン・ジャパンが現地に派遣したスタッフ2名が、17日、熊本県益城町に到着、物資支援を行いました。1,000人以上が避難している益城町総合体育館に、飲料や衛生用品等を届けました。派遣されたスタッフの1人である副事務局長の木内真理子は、「搬入した物資は、当日電話でニーズを確認し、福岡から持ち込んだもの。道路状況が非常に厳しかったが、現地のニーズに応えたタイムリーな支援が喜ばれた」と語りました。

ワールド・ビジョン・ジャパンでは、さらなる物資支援や、子どもが安心・安全に過ごせる場所(チャイルド・フレンドリー・スペース:CFS)の設置等を軸に支援実施の調整を続け、状況の変化に対応しつつ、被災した方々、子どもたちに寄り添ったきめ細やかな支援を行っていく方針です。

詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせします。

物資配布の準備をするスタッフ
益城町体育館で物資配布の準備をする高木スタッフ

募金へのご協力をお願いします


突発的な災害や紛争などの緊急時のために、「緊急人道支援募金」に、ぜひご協力ください。



関連記事
【熊本地震】スタッフを派遣して調査開始。募金へのご協力をお願いします()



被災者の方に声をかける木内スタッフ
被災された方に声をかける副事務局長木内