バングラデシュで発生した洪水の支援地域への影響について

2017.08.23


日本の支援地域で洪水の被害が出ており、支援を行っています

バングラデシュの支援地域

バングラデシュで8月中旬に発生した豪雨の影響により、北部と北東部で大規模な洪水被害が発生しています。日本のチャイルド・スポンサーの皆さまにご支援いただいているバングラデシュの支援地域のうち、ビロル地域開発プログラム(BGD-186137)ビルゴンジ地域開発プログラム(BGD-192234)カルマカンダ地域開発プログラム(BGD-169848)で被害が出ているとの情報が入ってきています。

ワールド・ビジョンでは、 洪水により家や食料、家畜などが流されてしまった被災者の方々に対し、家の修復や食料確保のための支援、衛生キットの配布を行う準備を行っています。

ワールド・ビジョンでは今後も情報を収集し、状況に変化があった場合にはホームページ上で皆さまにお知らせします。また、ご支援者の皆さまに紹介させていただいているチャイルドに影響があった場合は、個別にご連絡いたします。

[2017.9.12加筆]
9月12日(火)、日本のチャイルド・スポンサーの皆さまにご支援いただいている、
カルマカンダ、フルバリア、ビロル、ビルゴンジ地域のチャイルド合計8,096名のチャイルド全員の無事が確認できたとの連絡が現地より入りました。
なお、手紙や成長報告のお届けは、洪水の影響により若干遅れる可能性があります。何卒、ご了承いただけますようお願いいたします。


関連ページ





「バングラデシュで発生した洪水と支援地域への影響について」のトップに戻る