ワールド・ビジョン・ジャパンはシリア・アラブ共和国内外で、シリア難民の人々を主な対象にした支援活動を実施しています。

シリア・アラブ共和国

シリア・アラブ共和国

通称シリア・アラブ共和国は、中東・西アジアの共和制国家。北にトルコ、東にイラク、南にヨルダン、西にレバノン、南西にイスラエルと国境を接し、北西は東地中海に面する。首都はダマスカス。 「シリア」という言葉は、国境を持つ国家ではなく、周辺のレバノンやパレスチナを含めた地域(歴史的シリア、大シリア、ローマ帝国のシリア属州)を指すこともある。言語は、アラビア語。

2011年にシリアの政府軍と反政府軍による武力衝突が本格化してから、シリア紛争はさらに深刻化。多くの住民が国内外での避難生活を強いられ、危機的な状況下で暮らしています。

これまでに490万人が難民、610万人以上が国内避難民となり、紛争の影響を受けた子どもの数は、レバノン、ヨルダンなど周辺国に避難した子どもとあわせて754万人以上にもおよんでいます。

両親を亡くしたシリアの兄弟。アレッポから逃れた兄弟が、紛争で両親を亡くしたことを語っています

今すぐシリアのために募金する

最新ニュース

シリア難民支援に関する動画と写真

緊急時における教育支援
未来を届ける教育支援-シリア難民の子どもたち
シリア難民支援のためにヨルダンに駐在している渡邉スタッフの声
シリア難民キャンプで暮らす親子
難民キャンプで暮らす親子
爆撃の凄まじさを物語るシリア アレッポ東部の様子
爆撃の凄まじさを物語るアレッポ東部の様子
両親がいない兄妹。1 つしかないブーツを妹(右)に履かせてあげるため、サンダルで雪の中を歩くシリア難民のお兄ちゃん(左)
両親がいない兄妹。1 つしかないブーツを妹(右)に履かせてあげるため、サンダルで雪の中を歩くお兄ちゃん(左)

シリア難民支援活動の状況

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンは、65万人以上のシリア難民を受け入れているヨルダンで、2014年から教育支援事業を実施しています。長期間学校に通えなかった子どもたちが、ヨルダンの学校の授業に追いつけるよう補習授業を実施するとともに、レクリエーション活動を通して、紛争のトラウマや避難生活によるストレスを和らげる活動も行っています。また、保護者が経済的困窮を理由に子どもに労働や早婚を強いることがないよう、教育の重要性を呼びかけています。

支援の背景:増える難民児童に対して、教室の不足が続く

公立学校では児童数の増加に対応するため、朝・昼の二部制を導入し授業時間を短縮していましたが、学習環境の悪化により多くの子どもたちが勉強についていけない状況にあります。また、紛争の経験や厳しい避難生活により、不安やストレスを抱えて過ごす子どもも多くいます。

支援の成果:学習の遅れと心の平安を取り戻しています

  • 補習授業に参加した子どもの数:1,440人
  • 補習授業を行う教室を整備した学校の数:6校
  • 保護者会への出席数:294人
  • 補習授業運営のための研修を受けた教員数:69人
補習授業を受けるシリア難民の子どもたち
補習授業の様子

その他の緊急人道支援活動

アレッポから逃れた10万人の人々に、ワールド・ビジョンは、教育支援事業のほかにも以下のような支援を続けています。

  • きれいな水と衛生サービス(ごみ処理施設、トイレ整備、衛生に関する啓発活動)
  • 移動診療所および第一次医療サービス*
  • 女性と女子児童のためのヘルスケアサービス
  • 病院の施設用機器
  • ブランケットやマットレス

*第一次医療:風邪や腹痛など日常的な疾病を対象とする医療 

7人の兄妹のために毛布を嬉しそうに運ぶシリア難民の女の子
7 人の兄妹のために毛布を嬉しそうに運ぶシリア難民の女の子

シリア難民支援事業担当スタッフ

  • 渡邊 裕子 (ヨルダン駐在) 


故郷を離れて暮らす難民の子どもたちに「学校が楽しい」と感じてもらえるよう、ヨルダン人の同僚と一緒に工夫しながら活動しています。

ストレス等の影響で引っ込み思案になったり乱暴になったりする子どもたちもいますが、先生の励ましを得て友達と協力しながら創作活動やゲームをするうちに、徐々に落ち着きと自信を取り戻しています。異国の地で健気に暮らす子どもたちがいることを、どうか忘れないで欲しいと願っています。

シリア難民支援活動を通じて支援している男の子と渡邊裕子スタッフ
  • 岩間 縁 (支援事業部 緊急人道支援課)


「怯えていた子どもたちが、補習授業とレクリエーション活動のおかげで自信を取り戻していく過程を見て、私たちも希望が持てるようになりました」保護者のこのような声を聞き、子どもたちが教育を受け、健やかに成長することが、シリア難民の人々の希望をつないでいると感じています。

これからも人々の希望を支える支援を続けていきます。

岩間スタッフ
シリア難民の子どもたちと岩間スタッフ

シリア難民支援活動報告書

シリア難民支援に関する過去の国際NGOワールド・ビジョンからのお知らせ一覧

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンが支援活動している国

国名をクリックすると、各国の現状と支援活動の内容について詳しくご覧いただけます。

アジア

インドインドネシアカンボジアスリランカタイネパールバングラデシュフィリピンベトナムミャンマーモンゴルラオス

アフリカ

ウガンダエチオピアケニアコンゴ民主共和国スワジランドタンザニアマラウイルワンダ

中南米

エクアドルエルサルバドル

中東

シリア
今すぐ募金  チャイルド・スポンサーシップとは