ベネズエラ難民が抱える問題について考えよう

世界有数の石油輸出国で、カリブ海のリゾートとしても有名だったベネズエラが、緊急事態に陥っています。昔から難民を受け入れてきたベネズエラですが、現在では難民を出す国になってしまいました。なぜこのような悲劇が起きているのでしょうか。

ベネズエラ難民はなぜ発生したのか

ベネズエラ国境を越えて移動する難民たち
ベネズエラ国境を越えて移動する難民たち

ベネズエラ難民が発生した原因には、ベネズエラの政情不安があるといわれています。社会的秩序が保たれなくなったことで暴力行為が蔓延し、人々は常に命の危険にさらされている状態です。経済状況が悪化したため食料や医薬品、生活用品など生活物資が不足し、飢えや病気に苦しむ人が増えました(注1)。

政治的な問題で社会が混乱し、年率130万%という、恐ろしいほどのインフレになりました。昨年1円だったものが、翌年には130万円になっているのです(注2)。

病気になっても薬も買えず、医者もいません。人々はベネズエラでは生きる事ができなくなり、よその国に避難せざるを得ない状況となったのです。ベネズエラに古くから住んでいた先住民までも避難を余儀なくされました。周りの人がどんどん亡くなるのを見て、彼らには大切な土地を捨てて避難する選択肢しかありませんでした(注3)。

ベネズエラ難民の数

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、毎日5,000人ものベネズエラの人々が近隣諸国に避難しています。故郷を追われた人々の数は2020年7月現在で520万人で、その数は増え続けているのです(注1)。

ベネズエラから避難して庇護申請している人の数は、2014年には3,872人でした。2017年には110,825人、2018年は248,669人と、その数は増え続けています。


ベネズエラ難民の受け入れ国

ベネズエラ難民は周辺諸国に避難しました。一番多いのは、隣国のコロンビアで、2019年6月現在で130万人の難民を受け入れています。ペルー、チリ、エクアドル、アルゼンチン、ブラジルなどでも受け入れています。推定320万人のベネズエラ難民が、南米とカリブ諸国で避難生活を送っているのです(注7)。

ベネズエラ難民問題

コロンビアに避難したコロンビア難民の家族
コロンビアに避難したコロンビア難民の家族


ベネズエラ難民は、どのような問題を抱えているのでしょうか。また、周辺国へはどのような影響があるのでしょうか。

難民の安全問題

ベネズエラ難民はとても困難な状況に陥っており、人道的状況が悪化しているという大きな問題に直面しています。

ベネズエラ国内では暴力が横行し、医療機関も薬も無くなってしまいました。命がけで国境を越えて避難しても、十分な保護を得ることができず、満足なシェルターもありません。避難先では搾取・虐待・性的暴行・差別・排外などにさらされています。正式な書類や法的許可も無いため、社会的なセーフティーネットを受けられず、立場が非常に弱い事も問題です(注1)。

ベネズエラ国内の問題も深刻です。命の危機にある子どもは90万人、人道支援が必要な子どもは320万人いると、ユニセフは報告しています(2019年8月)。食糧、安全な水、教育、医療などが不足しており、子どもの保護が急務となっています(注4)。

周辺国の問題

数多くの難民を受け入れるベネズエラの周辺国では、様々な問題がおきています(注5)。

エクアドルは、押し寄せるベネズエラ難民により経済や社会に打撃が生じたことで関係国との協議の必要性を感じ、2018年9月3~4日に周辺諸国と会議を開催しました。どの国もベネズエラ難民の受け入れたことで問題が生じ、治安が悪化するなど社会に悪影響が起こりはじめていたのです。

エクアドルの首都キトで行われた会議では、受け入れ国同士で協力しながらベネズエラ難民を受け入れることを決めた「キト宣言」が採択されました。しかし、実際にどのように負担を分け合うのかなどは次回の会議に持ち越され、実効性があるのか疑問視されています。エクアドルはベネズエラにも会議に参加するよう呼びかけましたが、当事者であるベネズエラ政府は難民の存在自体を認めていなかったために、会議には参加しませんでした。

日本政府は、ベネズエラ難民が押し寄せている国々に対して関係機関を通じた無償資金協力を行い、受け入れ国の負担軽減に努めています。

たとえばコロンビアに対しては、ベネズエラ難民や移民、コロンビア帰還民、そしてそれらの受け入れコミュニティを支援するために、UNHCRと国際移住機関(IOM)を通して無償資金協力を行いました。UNHCRとIOMはそれぞれコロンビア政府と連携し、迅速な支援を続けています(注6、注7)。

ブラジルに対しては「ベネズエラ難民・移民人道支援計画」を策定し、UNHCRと連携して実施しています(注8)。エクアドルへは、国際連合世界食糧計画(WFP)を通じて食糧援助を行っています(注9)。

ワールド・ビジョンによる難民支援

ワールド・ビジョンがコロンビアで支援しているベネズエラ難民の子どもたち
ワールド・ビジョンがコロンビアで支援しているベネズエラ難民の子どもたち

国際NGOであるワールド・ビジョンは難民支援にも力を入れており、その時々の実状に即したプログラムを実施しています。危険とされている地域にいち早く入り、まずは命を守る緊急支援を実施。そして、傷ついた心のケアや、よりよい未来を描く力をつけるための長期的な支援を行っていきます。支援の手がとどきにくい国内難民も支援の対象にしています。

ここでは、世界で発生している難民問題に対する、ワールド・ビジョンの支援について解説します。

アドボカシー

この世界が子どもにとって安全で平和な場所になるように、ワールド・ビジョンは政府や国際機関、市民社会に働きかけ、様々な方法でアドボカシー活動を行っています。

アドボカシーとは、一人ひとりが問題について知り、その原因について声を上げ、解決のために訴えることで、ワールド・ビジョンの重要な活動のひとつとなっています。アドボカシー活動によって政策を変え、不公正な社会を変えることができるのです。

難民支援に関するアドボカシー活動も実施しています。これまでも難民の子どもへの教育支援強化についての優先順位を上げるよう、日本政府に働きかけてきました。そして紛争が起こり難民が発生するとすぐに、子どもに配慮した支援を行うよう各関係機関に呼びかけています

子どもたちへの支援

ワールド・ビジョンは、難民のなかで最も弱い立場の子どもたちを対象に支援活動を実施しています。難民の半分は18歳未満の子どもです。難民の子どもたちの多くは、教育の機会や安全に過ごせる場所が与えられていません。基礎学力に乏しくなり、暴力や虐待、児童労働や早婚などのリスクにさらされているのです。

2018年からは難民の子どもたちを対象にTake Back Future キャンペーンを実施しており、教育を通して暴力が繰り返されない未来を築くことを目指して活動しています。

難民支援にご協力ください

ワールド・ビジョンの活動の大きな柱のひとつが緊急人道支援です。緊急援助活動は人々の命を守るために、文字通り時間との戦いになります。緊急人道支援募金を常時受け付けており、いつ起こるとも知れない突発的な災害や紛争に備えています。

難民支援には長期的な支援も必要です。難民キャンプで何年も暮らす人々のために教育・職業訓練の支援や、将来的には紛争地の復興支援や難民再定住などのプログラムも必要になっていきます。

難民支援活動は、皆さまからの募金によって成り立っています。難民支援へのご協力をお待ちしています。ワールド・ビジョンの活動を身近に感じるために、まずはメールマガジンに登録をご検討くださいし。ワールド・ビジョンでの活動を月に1回お届けします。


メルマガ登録をする



※このコンテンツは、2020年7月の情報をもとに作成しています。

紛争により家を追われ、生活が一変した子どもたちに難民支援募金にご協力ください。

支援の方法を詳しく知る

貧困、紛争、災害。世界の問題が複雑に絡み合って、
子どもたちの健やかな成長を妨げています。
世界の問題に苦しむ子どもとともに歩み、子どもたちの未来を取り戻す活動に、
あなたも参加しませんか。

「世界の子どもたちのことを、1人でも多くの方に知ってほしい」という願いを込めて
月に1回、メールマガジンをお届けしています。
知って、あなたにできる新しい"何か"を見つけてください。

資料請求をする

世界の難民と子どもたちについてもっと学ぼう

難民受け入れ国別ランキング【2018年統計】私たちの難民支援

「世界では、どこの国が難民を受け入れているのだろう?」あなたは、このような疑問をお持ちではありませんか?UNHCRの「数字...

難民問題の解決策とは?簡単にわかりやすく解説《具体例あり》

2018時点で世界の難民の数は7,080万人に上り、第二次世界大戦以降で過去最大の数値となりました。難民問題は国際的...

難民条約とは?日本と加盟国の問題点についてわかりやすく解説

なぜ「難民条約」が必要なのでしょうか。個人や集団への迫害が続く限り、難民の問題は終わりません。世界中の人々がひとり残らず...

難民の受け入れと海外の反応|難民と世界の現状を読み解く

難民の数は年々増加しているといわれています。難民となった人々は、どこに行くのでしょうか。難民の受け入れ先と海外の反応に...

ヨーロッパの難民問題と海外の反応についてわかりやすく解説

2015年9月、シリア人の小さな男の子の遺体がトルコの海岸に打ち上げられた時の衝撃を覚えている方も多いのではないでしょうか。ヨーロッパに押し寄せている難民が問題になっています。その背景と、受け入れ...

難民キャンプの現状や問題点とは?

ここ数年のうちで「難民」というキーワードがニュースやテレビで耳にすることが増えたのではないでしょうか。難民問題は今現在も続いており...

移民問題とは?難民との違いや日本と諸外国の移民政策を知ろう

2019年、外国人労働者の受け入れに関する改正法が施行され、日本でも移民に関する関心が高まりを見せています。移民をめぐる...

ジェノサイドとは? 条約に基づく意味と実際の事例を知ろう

近年、ジェノサイドを題材にした映画や小説が数多く発表されています。例えば、2011年に出版された高野和明さんの小説『ジェノサイド』...

迫害の意味とは?ユダヤ人やロヒンギャ難民など実際の事例から学ぼう

難民に関連する話題では、「迫害」という言葉を耳にすることも多いかと思います。迫害は難民の認定に関わる重要な概念ですが、正確な...

ベネズエラ難民が抱える問題について考えよう

世界有数の石油輸出国で、カリブ海のリゾートとしても有名だったベネズエラが、緊急事態に陥っています。昔から難民を受け入れてきた...

難民支援の現状と活動事例を知り、自分にもできることを考えよう

近年、世界中で難民が増え続けています。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、紛争や迫害が原因で移動を強いられた...

参考資料

関連ページ