未来ドラフト2018|「若者のアイデアで、未来を救う」

(2018.10.25)

「未来ドラフト2018 決勝大会」懇親会にて

「未来ドラフト2018 」概要

アイデア募集期間:2018年6月20日~8月3日
決勝大会:2018年9月2日
課題テーマ:「難民居住地に住む子どもたちがたがいの違いを乗り越えて
       一緒に楽しめるアイデアを考えてください」
グランプリ〈H.I.S.賞〉:賞金10万円+ 難民居住地に訪問してアイデア実現
準グランプリ〈ムラサキスポーツ賞〉:賞金5 万円

「未来ドラフト」とは

今、世界には6,500万人の難民・避難民がおり、その数は第二次世界大戦以降で最多を記録しています。難民問題への関心が低いと言われる日本の若者にとって、その問題はあまりにも大きく複雑なものに映るかもしれません。

しかしワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)は、「"何もかも"はできなくとも、"何か"はきっとできる」という設立当時から掲げる理念をもとに、このコンペを企画しました。この企画で、若い世代が難民問題に関心を寄せるきっかけになることを願っています

「難民を助けたい!」全国の高校生・大学生から210件のアイデアが届く

多くの南スーダン難民が生活するウガンダのビディビディ難民居住地。ここに住む子どもたち・人々の中にある民族間・国籍間の対立や軋轢を緩和し、平和な未来をつくるためのアイデアを募集したところ、全国の若者から210 件のアイデアが寄せられました。

子ども時代に親を亡くした経験を持つ学生、途上国で「お金がない自分は無力」と絶望したけど「アイデアの寄付」があると気付き応募した学生など、様々な背景を持つ若者が難民問題に真剣に向き合ってくれました。

1つひとつのアイデアに、深く、強く、優しい想いが込められていました。

審査員長の福島治さんによる、良いアイデアに辿り着くためのワークショップを開催

一次審査を突破した8アイデアが進出した決勝大会に、112名の若者が観覧・応援!

2018 年9月2日、グランプリ賞が決定する決勝大会が開かれ、決勝大会進出者(以下、ファイナリスト)のアイデア発表の観覧と応援に、高校生・大学生を中心に112 名が駆け付けました

ファイナリストによる難民の子どもたちへの強く、深く、そして優しい想いが込められたアイデアをそれぞれ独創的・画期的な方法で発表し、会場を沸かせました。

ファイナリストによるアイデア発表!

僕らとアート~君に伝えたい想い~(by 東アフリカスタディーツアー)
未来を調理する共有キッチン(by 市村知輝)
会うたびに、愛してる。(by むか犬)
ウガンダと南スーダンをつなぐ果実と花の溢れるセンターパーク(by 果実×花ぷろじぇくと)
「着る」から「生きる」へプロジェクト~そこで始まるファッションショー~(by 田村なみちえ)
Music for us ~音楽で心をつなぐプロジェクト~(by OTMfromICUHS)
仮面舞踏祭 ~みんな同じで踊りだせ~(by SHOT-A)
BidiBidi Caravan on the Move!(by ビディビディキャラバン)
審査員による質疑応答も盛り上がりました!(審査員の1人:宮川彬良さん)

「未来ドラフト2018」表彰

グランプリ賞:BidiBidi Caravan on the Move!(by ビディビディキャラバン)

準グランプリ賞:「着る」から「生きる」へプロジェクト~そこで始まるファッションショー~(by 田村なみちえ)

特別賞:ウガンダと南スーダンをつなぐ果実と花の溢れるセンターパーク(by 果実×花ぷろじぇくと)

オーディエンス賞:「着る」から「生きる」へプロジェクト~そこで始まるファッションショー~(by 田村なみちえ)

「BidiBidi Caravan on the Move!」チームのみなさん

「未来ドラフト2018 決勝大会」ハイライト動画

グランプリ受賞チーム 「ビディビディキャラバン」(アイデア実現部隊)より一言

「遊ぶ」を届ける。「平和」を繋げる。「わたし」と「難民」がひとつになる。

わたしたちに与えられているのは<3日間>という限られた時間です。

「日本人が難民居住地の子どもたちと遊んできました」という意味のないプロジェクトにはしたくありません。

"楽しい" 先に "平和" を意識するキッカケになりたいのです。

この「遊び」を通したプロジェクトは、ビディビディで平和を願って活動している【PEACEクラブ】と他の子どもたちをつなげ、1人でも多くの子どもが平和について考え、私たちが去ったあとも、平和をつくる活動に主体的に参加するきっかけになると信じています。

ビディビディから1万キロ以上離れた日本にいても、「わたし」と「難民」は同じ人間であることを意識すれば、物理的距離や心理的距離は縮まり、「彼らとともに平和な世界を実現していきたい」と、思えるようになるはずです。

そしてその思いや願いを行動に移した時にこそ、「わたし」と「難民」がひとつになる、のではないでしょうか。

私たちの志とみなさまの気持ちをキャラバンに乗せて、ビディビディの子どもたちへ届けたい。

クラウドファンディングに挑戦中です!ぜひご協力お願いします!
詳しく見る2

未来ドラフト★アイデア実現ブログ

全国から届いた「アイデアに込めた想い」

  • 「今は金銭的に貢献できなくても、私が持つすべての知識を振り絞って考えたアイデアで、少しでも平和創出に貢献したい」(19歳、沖縄)
  • 「お互いのことを完全に好きになれなくとも、争いを避けて共存することは可能だと考えます。心の傷から少しでも解放され、楽しい時間を過ごして欲しいです」(25歳、東京)
  • 「私たちが不自由なく生活をしているのに、水も飲めない国や命の危険がある国があって良いのか、と常に疑問を持っていた。培ってきた建築の知識で、希望を持ってもらえたらと思った」(22歳、大阪)
  • 「私はどうしたら難民を助けられるか毎日考えています。食糧や医療も大事ですが、次世代を担う若者支援は決して忘れてはいけないと思いました」(17歳、福島)

関連記事

ページトップアイコン未来ドラフト2018|「若者のアイデアで、未来を救う」