「この子を救う。未来を救う」~ミナちゃんのストーリー~

今、あなたはどこにいますか?私は、ミナ。ここにいます。

バングラデシュの首都ダッカにある、巨大市場
毎朝5時、人でごったがえすこの場所に"出勤"します
落ちている食べ物を拾ったり、店をまわって物乞いをするのです

店の主人が見せる、嫌な顔
どなられたり、無視されたり、ひどい言葉をあびせられても
「何かください」とくりかえします

午後は、ゴミ山に移動して、売れる物を探します
車にひかれて大けがを負った翌日も
動かせる方の手足を使い、市場で物乞いをし、
ゴミ山で売れるものを探しました


6人家族を支えるため、今日の食べ物を得るため
こう生きるしかありません

今、12歳です
学校には行っていません
大きくなったら
先生になりたいです

ミナちゃんの日常

ただで分けてもらったものを、市場やスラムで売ります
ミナちゃんが大切にしている宝物。この石で、お友達と遊びます
ゴミ山で、売れるものを探します

クリスマスまでに3000人のチャイルド・スポンサーを募集しています!

今も、世界に生きる子どもは、22億人。
持って生まれた可能性をいかし、守られ、健やかに育つ子どもたちがいる一方、

・5歳の誕生日を迎えられずに命を落とす子どもは、570万人
・教育の機会がない子どもは、5700万人
・児童労働を強いられている子どもは、1億6795万人

今、この瞬間も、出口のない毎日をさまよう子どもたちがいます。
ワールド・ビジョン・ジャパンは、このような厳しい環境に生きる世界の子どもたちに支援の手を差し伸べるため、
11/1(水)~12/28(木)まで、クリスマスキャンペーンを行っています。
あなたの想いを形にして、ぜひ、このキャンペーンにご協力ください!

「この子を救う。未来を救う」~ミナちゃんのストーリー~ トップに戻る