世界100カ国で子どもたちを支援する国際NGO

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

1日150円〜
寄付する

チャイルド・スポンサーシップは
「子ども」「あなた」も幸せに
なれる支援の方法です。

クリスマスまでに、
あと3000の子どもを救いたい。

  • 現在
  • / 3000
1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる

ワールド・ビジョン・ジャパンは、世界30カ国で子どもたちを支援する東京都の認定を受けた認定NPO法人です。

  • 掲載メディア

    朝日新聞、下野新聞、東京新聞、毎日新聞、ELLE、FASHIONSNAP.COM、Forbes JAPAN、Yahoo!ニュースなど

  • 協働相手

    JICA、UNICEF、UNHCR、WFP、ジャパン・プラットフォームなど

  • ご支援

    50,000人以上のチャイルド・スポンサーに加えて、塩野義製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、パナソニック株式会社、住友化学株式会社、東芝プラントシステム株式会社、「三菱自動車STEP募金」や三菱自動車工業株式会社など、多数の企業・団体様よりご支援いただいております。

公益性の高い団体である「認定NPO法人」として東京都から認可を受けています。

認定NPO法人の認定書
会計報告を公開

愛情をもらえない少女

ケニアで生まれたナンシーさんの両親が離婚したのは、彼女が3歳の時でした。後にお母さんは再婚しましたが、お義父さんは女の子への教育に全く関心がありませんでした。

「家族の中には絆も愛情もありませんでした」

夜明けに起床し、羊と牛の世話をしながら、5キロ先の水源から水を汲んでくる毎日。お義父さんに「学校に行きたいから制服が欲しい」と相談しても、相手にすらされず、虐待される日々でした。

周りの女の子は次々に結婚し、女子生徒はたった一人に

学校でも彼女は孤独でした。女の子は15歳になる前に結婚するのが当たり前だった地域で、周りの女の子は次々に結婚させられ、最後には女子生徒はナンシーさんたった一人になってしまったのです。

成績がトップだったナンシーさんに対して、「女の子だからひいきしてもらっているに違いない」という苦情が絶えず学校に寄せられ、男子生徒ともうまく馴染めませんでした。

家でも学校でも孤独なナンシーさんは、つらさを紛らわせるために、一人で勉強と読書に没頭するしかありませんでした。

スポンサーからの愛情で人生が変わった!

家でも学校でも孤独で、愛情をもらえずにいたナンシーさんの人生を変えたのは、チャイルド・スポンサーでした。

チャイルド・スポンサーシップ
による支援

  • ある日、届いた制服

    そんなある日、彼女に小包が届きます。

    中にはまっさらな制服が入っていました。遠い国から彼女を支援するチャイルド・スポンサーからの想いでした。

    「私を思ってくれる人がこの世界にいるんだ」

    彼女はその時の感動を今も覚えているそうです。

  • チャイルド・スポンサーとの
    交流で知った愛情

    ナンシーさんはチャイルド・スポンサーに手紙を書きました。

    お礼と自己紹介をしたのです。

    しばらくしてチャイルド・スポンサーのジョージーさんから返事が届きました。ジョージーさんの写真が同封された手紙にはこう書いてありました。

    「あなたの写真を部屋に飾っています。毎朝あなたの笑顔を見ると幸せな気持ちになるんです」

    ナンシーさんは、「これが愛なんだ」と感じたそうです。

  • そして、夢を叶える

    心が解き放たれたナンシーさんは勉強を続け、大学で修士号を取得しました。

    現在、彼女は国際協力の仕事で人々を救っています。

    このストーリーには続きがあります。

  • ついに出会った2人

    チャイルド・スポンサーとしての支援を終えてから何年も経ったある日、ジョージーさんの元に大人になったナンシーさんの元にビデオメッセージが届きました。

    孤独だったナンシーさんが夢を叶えているのを見たジョージーさんの涙は止まりませんでした。

    「こんなにも彼女の人生が変わるなんて。私の想像をはるかに超えています」

    チャイルド・スポンサーのジョージーさん

    そして、2019年、2人はフィリピンで開催されたワールド・ビジョンの会議で遂に出会います。ナンシーさんの元に初めて制服が届いてから20年以上経った日のことでした。

チャイルド・スポンサーシップは、支援を受ける「子ども」だけでなく、お手紙で交流したり、成長記録を見ることで「あなた」も幸せになれる支援の方法です。

未来のナンシーさんがあなたの支援を待っています。

チャイルド・スポンサーになってください。

「子ども」も「あなた」も幸せになれる支援

1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる

「子ども」も「あなた」も
幸せになれる支援

チャイルド・スポンサーシップ

今も世界では、5人に1人が1日1.9ドル未満(約210円)で生活しています。

チャイルド・スポンサーシップは貧困から子どもたちを救い、安心して暮らせる社会をつくる支援の形です。

日本国内では、50,000人以上のチャイルド・スポンサーが子どもたちの未来をつくるために支援し、子どもたちと交流しながら成長を見守っています。

チャイルド・スポンサーになると

  • 特典 1

    子どもの成長報告が届く

    年に1度、写真つき成長報告が届きます。地域での活動状況が分かるので、子どもたちの様子や成長の過程を見守ることができます。

    何よりの喜びは、子どもたちの健やかな成長を確認できる瞬間です。

    藤生 竹志さま(神奈川県、チャイルド・スポンサー)

    スポンサーとしての何よりの喜びは、子どもたちの健やかな成長を確認できる瞬間です。成長記録などの写真を見る度に「大きくなったなあ」と驚き、それぞれが抱いている夢が少しずつでも実現することを切に願います。

  • 特典 2

    手紙を通じてやり取りが
    できる

    手紙を通じて交流し、離れていても子どもを身近に感じることができます。

    ※子どもへの手紙の送付は任意です。
    ※現在新型コロナウイルスの感染拡大により制限があります。

    お母さんが亡くなった時、チャイルド・スポンサーの手紙によって支えられました。

    アナさん(フィリピン、支援を受けた元チャイルド)

    「貧乏よりなによりも、お母さんが家族のために、自分の薬代を惜しんでいるのを見ることが、一番辛かった」

    12歳の時に、病気でお母さんを亡くしたアナさん。そんな彼女を支えたのは海の向こうのチャイルド・スポンサーから届いた手紙だったそうです。

    「手紙での交流がどれだけ私を支えてくれたか。言葉では、到底言い表せません。受け取った手紙をずっと持っています。これを読み返すと、どんなに落ち込んでいる時でも、必ず元気になれるんです」

    チャイルド・スポンサーから届いたお手紙と「思いやり」はアナさんにとって、生涯の宝物だそうです。

  • 特典 3

    子どもたちに会いに行ける

    「支援地訪問ツアー」を定期的に開催しています。支援地を訪問して、子どもたちに会うことができます。

    ※現在新型コロナウイルスの感染拡大により制限があります。

    チャイルド・スポンサーシップは楽しいです!

    川合奈々子さん(チャイルド・スポンサー)

    チャイルド・スポンサーシップに参加する前は、途上国の子どもたちについて、遠い世界のことで、自分の行動で何が変わるわけでもない、と思っていました。

    でもある日、ワールド・ビジョンのHPで途上国の子どもたちの日常を知り、学校へ行って友達と遊ぶ、そんな当たり前のこともできないなんて、悲しすぎる……と思ったのです。

    海外の支援なんて大げさな感じがしたのですが、“とりあえず、やれるところまで”と思い、参加することにしました。今は、楽しみながら続けさせていただいています。

チャイルド・スポンサーへのインタビュー

  • 生まれた絆と幸せがかけがえのない宝物に

    スポンサーになると決めたきっかけや理由を教えてください。
    「自分は子どもを産み育てる人生を歩まないだろう」と考え始めた頃、仲の良い友人たちは子育てや中学校の先生、ピアノ講師など、各々の人生のなかで次世代を担う子どもたちのために『何か』をしていました。

    そんな時、偶然目に入ったのがワールド・ビジョン・ジャパンのチャイルド・スポンサー募集広告でした。

    「どの子どもにも幸せになって明るい未来を生きてほしい、そのために私も『何か』したい」と一番強く思っていた時期の出来事に運命的なものを感じ、「今だ!」と即座に申し込みました。
    スポンサーになってみての感想を教えてください。
    ただチャイルドに幸せになってほしくて始めたチャイルド・スポンサーですが、何故か自分が幸せに「させていただいている」気持ちです。

    チャイルドからの「ありがとう」、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフの皆さまからの「ありがとう」、そして私からチャイルドやスタッフの皆さまへの「ありがとう」、そんな感謝の連鎖のなかに自分が含まれていることがとても心地良く感じられます。
    チャイルド・スポンサーになることを検討されている方へのメッセージをお願いします。
    「何かしたいとは思っているけれど、将来収入が減りそうだから中長期的な支援は難しい」との声をよく聞きます。特に働き盛りで責任感が強く、家庭を大切にしている方々から。

    私自身、チャイルド・スポンサーになってから転職、大学編入、病気による退職など収入が途絶えたことが何度かありましたが、チャイルドとのご縁は途切れることなく続いています。

    心からチャイルドの幸せを願うこと、目には見えない絆を信じ抜くこと、あと、申込み手続きというほんの少しの手間を惜しまないこと。そのなかから生まれた絆と幸せはかけがえのない宝物になりますよ。
  • 同じ思いで集まることでより良い世界に

    スポンサーになると決めたきっかけや理由を教えてください。
    学生時代に国際協力に興味を持ち、世界の子どもたちのために「何か」できることはないかと情報を集めていました。当時は自ら現地に行って活動をすることしか頭になく、何から始めて良いか分からずに結局何もできずにいました。

    そんな時、ボランティアで医療支援に参加した友人に話を聞き、直接現地に行かなくても貢献できる方法はあることを教えてもらい、ワールド・ビジョンのことを知りました。

    当時は学生で収入もなかったのですが、社会人になって収入ができたら必ずチャイルド・スポンサーになろうと決めました。
    スポンサーになってみての感想を教えてください。
    送られてきたチャイルドの写真を見た時に、自分の子どもができたような感動があり、この子のためにも頑張ろうと思うことができました。

    バースデーカードを書いたり、誕生日プレゼントを選んだり、とても楽しい交流を通して自分のこころや人生が豊かになっていると感じています。

    イベントやツアーを通して、同じ思いを共有できる方々にも出会うことができ、たくさんの友人もできました。チャイルド・スポンサーになって、私自身の人生も豊かになったと感じています。
    チャイルド・スポンサーになることを検討されている方へのメッセージをお願いします。
    寄付というと、本当にそのお金が役に立っているのか不安に感じることがあるかと思います。私もそうです。

    ワールド・ビジョンのチャイルド・スポンサーシップでは、チャイルドとの交流や活動報告を通して、支援地域におけるワールド・ビジョンの活動を知り、どのように寄付が役立てられているか知ることができます。

    1人1人の力は小さく、世界を変えるほどのものではありませんが、同じ思いで集まり活動する、または活動を支援することで、世界はより良いものになっていくと思います。私はそのような仲間が1人でも多く増えていくと嬉しいです。

チャイルド・スポンサーの声

私たちもチャイルド・スポンサーです。

  • 日本のみなさんからの支援を
    実感しました。

  • あなたの支援を必要としている
    子どもたちのために

ご寄付の使いみち

ご寄付は、支援するチャイルドが暮らすコミュニティの発展のために大切に使われます。

  • 保健

    基本的な医療サービスを提供する施設の整備をします。健康診断、マラリアや下痢予防、妊産婦ケアなどのトレーニングを行います。

  • 水衛生

    子どもたちの病気を防ぐために安全な水を確保。井戸や貯水タンク、トイレを整備します。ウガンダのあるコミュニティでは、安全できれいな水を飲める世帯の数が、540から3,900と、7倍に増えました。

  • 生計向上

    子どもの家族が安定した収入を得られるように、畜産・農業支援、職業訓練を実施。貯蓄・融資組合の活動を支援します。

  • 教育

    地域の大人に教育の重要性を伝え、子どもたちが学校に通い続けられるよう、啓発活動をします。教育施設の整備や教師の研修も実施します。新しい教室を開設したあるコンゴのあるコミュニティでは、学校に通う子どもが180人から427人に増えました。

  • 栄養

    子どもたちの栄養状況を定期的に確認。保護者に改善を促します。

ご寄付は寄付金控除等の対象となり、
最大40%が所得税額から控除されます。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、東京都より認定を受けた認定NPO法人のため、いただいたご支援金は寄付金控除等の対象になります。確定申告によってこの税制優遇を受けることができます。個人の確定申告では「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択でき、「税額控除」を選ばれると寄付金の最大40%が戻ってきます。

今も世界には、学校に通えない子どもが約2億5,800万人います。

どうか、チャイルド・スポンサーになって、支援を待っている子どものうちの1人の成長を見守り、未来を変えていただけないでしょうか。

50,000人以上の仲間が待っています

1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる

お申込みからチャイルドとの交流まで

お申込み

お申込みページで、地域、性別など、チャイルドの希望をお選びください。


チャイルドの紹介
(お申込の約1週間後)

デジタル・スポンサーキット
(ウェブでお支払い手続き完了の場合)
チャイルド・スポンサー・キット
(ウェブ以外でお支払い手続き完了の場合)

交流していただくチャイルドの写真付きプロフィールを含むチャイルド・スポンサー・キットをお届けします。

チャイルドからのお手紙
(お申込みの2、3カ月後)

チャイルドからのお手紙をお届けします。チャイルドが書いたお手紙とご希望の方には日本語訳をつけたお手紙からお選びいただけます。

※現地語が英語でない場合は英訳をおつけします。
※現在新型コロナウイルスの感染拡大によりお手紙のお届けまで時間がかかる場合があります。

チャイルド・スポンサー
からのお手紙(任意)

チャイルドへのお手紙をお送りください。日本語の場合も、チャイルドが暮らす地域の言葉への翻訳をつけてチャイルドにお届けしますので、ご安心ください。あなたの写真や日本の風景・文化が伝わるようなものをお手紙に同封すると、特にチャイルドに喜ばれます!

私たちが翻訳しています!

チャイルドの成長報告
(毎年秋頃)

チャイルドの成長報告をお届けします。成長報告には、身長や体重だけでなく、健康状態、就学状況、家族の情報、コミュニティ支援の報告なども載っており、自分の子どものように成長を実感することができます。

チャイルドからの
メッセージ動画

現地のチャイルドからのメッセージ動画をお届けしています。

※撮影できない場合もございます。

「子ども」も「あなた」も幸せになれる支援

1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる

国際NGO
ワールド・ビジョン・ジャパンとは?

チャイルド・スポンサーシップを運営する認定NPO法人ワールド・ビジョン・ジャパンは、国際組織であるワールド・ビジョンの一員として、1987年の設立以来、途上国での子ども支援や、紛争、災害への対応に取り組んでいます。

"何もかも"はできなくとも
"何か"はきっとできる

このように考えて、すべての子どもたちが健やかに成長できる世界を目指して活動しています。

10秒に1人、1日に3つの学校にきれいな水*1を届けています。

新型コロナウイルス対策の緊急支援活動では、長年培った緊急支援のノウハウを活かして、初動で延べ7,035,725人*2に支援を届けました。

  • チャイルド
    ・スポンサー
    5万人
    以上
  • 世界
    30カ国
    で活動
  • 掲載メディア

    朝日新聞、下野新聞、東京新聞、毎日新聞、ELLE、FASHIONSNAP.COM、Forbes JAPAN、Yahoo!ニュースなど

  • 公的機関との協働

    JICA、UNICEF、UNHCR、WFP、ジャパン・プラットフォームなど

  • ご支援

    50,000人以上のチャイルド・スポンサーに加えて、塩野義製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、パナソニック株式会社、住友化学株式会社、東芝プラントシステム株式会社、「三菱自動車STEP募金」や三菱自動車工業株式会社など、多数の企業・団体様よりご支援いただいております。

ご支援についてのQ&A

お問い合わせの多いご質問を
Q&Aにまとめました

寄付は、寄付金控除等の対象になりますか?
はい、認定NPO法人であるワールド・ビジョン・ジャパンへのご寄付は税額控除の対象となり、年間のご寄付の2,000円を超える金額のうち、最大40%が所得税から控除されます。
領収証は発行されますか?
はい、継続的にいただくご寄付の領収証は、年1回、毎年1月下旬までに、前年の受領分をまとめて発行し、お送りします。確定申告でご利用ください。詳しくは所轄税務署や国税庁のホームページ等にてご確認ください。
どんなチャイルドのスポンサーになるのですか?
貧困の状況や家庭環境などを考慮して、特に支援を必要とする子どもがチャイルドとして選ばれます。アジア・アフリカ・中南米の支援地域に暮らす0歳~13歳のチャイルドからご紹介します。地域・性別をご指定いただくことも可能です。
特定の子どもを支援するのは不公平ではないですか?
皆さまのご寄付は、チャイルド個人の教育や病気治療などに使わせていただくほか、チャイルドが暮らす地域の人々が自力で子どもたちを支えていけるよう力をつけるためにも使われます。

チャイルド個人だけでなく、そのチャイルドを取り巻く環境も10年~15年かけて計画的に変えていくからこそ、チャイルドが支援から「卒業」できると考えています。
言葉が違うので、手紙のやり取りが難しいのでは?
子どもからのお手紙にも、日本からのお手紙にも翻訳をつけてお届けします。
文通の頻度も自由ですので、ぜひ親交を深めてください。
子どもが成長したら支援は終わるのですか?
また新しい出会いがあります。

子どもが進学して卒業後に就職できたり、親が職業訓練等を受け、仕事による収入が安定して自立して生計が立てられるようになった場合などは、途中で終了する場合もあります。
ご希望により、新しいチャイルドをご紹介して、支援をご継続いただくことができます。
支援を停止する場合はどうすればいいですか?チャイルドはどうなりますか?
ご支援金額の変更や停止はいつでも可能です。こちらのページからご連絡ください。

ただし、子どもたちの環境を変えるには計画的かつ継続的な支援が必要です。あなたのご支援の成果を実感していただくためにも、できれば1年以上続けていただくことをおすすめしています。

ご支援を停止される場合、チャイルドには責任をもって新しいチャイルド・スポンサーを探させていただきますので、ご安心ください。

「子ども」も「あなた」も幸せになれる支援

1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる

"何もかも"はできなくとも"何か"はきっとできる

チャイルド・スポンサーシップで、食事の改善指導を通じて幼児の栄養改善を行う活動があります。この活動に参加した2歳の子どもを持つお母さんが「以前は子どもが病気で元気がなかったけど、ちゃんとした食事の方法を習って実践することで、子どもは元気になって体重も順調に増えている」と話してくれました。

子どもはとても元気そうで、健やかに成長している様子が見て取れました。この活動では、参加した75人の低体重の幼児のうち、71人が低体重のカテゴリーから脱することができました。

10年近くこの仕事をしてきて、できないことの多さに無力感を抱くこともあります。しかし、皆様の支援がなければ、低体重だった71人の子どもは体重が増えなかったかもしれません。皆様の支援がなければ、スポンサーシップによって学校が建てられた地域の子どもは今も長い時間をかけて通学しているかもしれません。皆様の支援がなければ、上水道が来ていなかった村の人びとは、今も遠くまで水を汲みに歩いているかもおしれません。

"何もかも"はできなくとも"何か"はきっとできます。どうか、チャイルド・スポンサーになってください。

大沢歩
2013年に入職し、現在は支援事業部プログラムマネージャーとしてタンザニアに駐在して水の安全保障プロジェクトに従事する。

1日150円〜
チャイルド・スポンサーになる