COVID-19|新型コロナウイルス緊急支援募金|寄付

最もぜい弱な環境にある子どもたちを守る支援を、世界中で展開しています

新型コロナウイルス緊急対応募金 病院がない地域の子どもたち、難民キャンプで暮らす人々を感染から守るため、緊急募金にご協力をお願いします。

衛生的な水があれば、多くの子どもたちの命が救われます。しかし、世界では1日1,000人の5歳未満の子どもたちが水が原因で命を落としています。

アフリカの多くの地域は水道がなくタンクに蛇口をつけただけの手洗い場を使う

病院がない地域の子どもたち、難民キャンプで暮らす人々を感染から守るため、緊急募金にご協力をお願いします。

新型コロナウイルスは世界中の人々を苦しめています

2020年1月に中国で緊急支援を開始して以降、ワールド・ビジョンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急支援を世界中で実施しています。

以前から実施していた開発プログラム(チャイルド・スポンサーシップ等)の支援地域内でCOVID-19対策を行うことに加えて、医療体制がぜい弱な国や難民・避難民が多い国等で対応を強化。現在、最もぜい弱な環境にある3,600万人の子どもたちを含む7,200万人に支援を届けることを目指して、70カ国以上で活動しています。


ワールド・ビジョンの支援の柱
1. 感染拡大の防止
・石けんを使った手洗い指導
・咳エチケット等の呼吸衛生の指導
・ソーシャル・ディスタンシングの啓発 等

2. 保健システムと医療従事者のサポート
・マスク、医療器具、防護用具の提供
・子どもの健康を守るヘルスケアチームの拡大
・地域ヘルスワーカーを通じた感染予防策の促進 等

3. 子どものケア
・教育
・子どもの保護
・食糧と生活

4.子どもの保護を目的とした協働とアドボカシー

リンク支援実績はこちら

支援で抗菌石けんを受け取るロヒンギャ難民の少女(バングラデシュ)
正しい手洗いを支援地域の住民に伝えるWVスタッフ(南スーダン)
水道がない地域には簡易手洗い場を作り感染予防(シエラレオネ)
支援された石けんで手洗いをするロヒンギャ難民の親子(バングラデシュ)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から子どもたちを守るため、募金へのご協力をお願いいたします。

これまでの新型コロナウィルス緊急対応と活動について

リンク上記以外の関連ページは、カテゴリー別にこちらからご覧いただけます

子どもに分かりやすいようイラスト入りポスターで感染予防について伝える(フィリピン)
支援物資の食糧を男の子(左)の家に届けるWVスタッフ(モンゴル)
支援地域への感染防止キット配布を準備(フィリピン)

病院がない地域の子どもたち、難民キャンプで暮らす人々を感染から守るため、緊急募金にご協力をお願いします。

募金は、寄付金控除等の対象となります

個人の所得税の寄付金控除について、「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択できます。「税額控除」を選択することにより、多くの個人のご支援者の皆さまに、より大きな金額の所得税の還付が受けられることとなります。

法人の皆さまからのご支援金は、一般の寄付金等の損金参入限度額とは別に、特別損金参入限度額の範囲内で損金参入をすることができます。詳細はリンクこちら「寄付金控除等/領収証」をご覧ください。

新型コロナウイルス緊急支援への寄付募金方法

クレジットカードでの募金

下記のカードがご利用になれます。

※ ご寄付はポイントの対象となります(一部、対象外のカードがあります)。

病院がない地域の子どもたち、難民キャンプで暮らす人々を感染から守るため、緊急募金にご協力をお願いします。

郵貯銀行備え付けの払い込み用紙をご利用の場合

口座番号  : 00130-6-254059
振込先名義 : 特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン

住所、氏名、電話番号、募金名新型コロナウイルス緊急対応募金、ワールド・ビジョンのことをお知りになったきっかけ、をご記入ください。

※募金名のご指定がない場合は、一般募金として受付けさせていただきます。
※パートナー番号がお分かりの場合は、ご記入ください。
※お振込の際、郵便局に備え付けの用紙をご利用いただいた場合は、手数料をご負担いただくことになります。

お問い合わせ

フリーダイヤル TEL:0120-465-009 リンクお問い合わせはこちら

病院がない地域の子どもたち、難民キャンプで暮らす人々を感染から守るため、緊急募金にご協力をお願いします。