東日本大震災緊急支援募金

約30万人を対象に支援をお届けしました

震災発生2日後に被災地へスタッフを派遣して以来、子どもたちが将来への希望を抱いて成長できるように主に宮城県南三陸町、気仙沼市、岩手県宮古市で、297,222人を対象に緊急復興支援をお届けしました。


子どもたちが健やかに育つ地域力の再生を目指して

被災地が中・長期的な展望の下、子どもが健やかに成長し、豊かないのちを生きられる社会として復興していくことを目指して、5つの分野で支援を行いました。

子ども支援



  • 南三陸町とワールド・ビジョン・ジャパンによる子ども参画の事例~南三陸町まちづくりプロジェクト~(2012年12月)

■ 日本語版(2012年12月)
報告書本文pdfアイコン
映像編

■ 英語要約版(2014年6月)
報告書本文pdfアイコン
映像編

  • 南三陸町とワールド・ビジョン・ジャパンによる子ども参画の事例~南三陸町まちづくりプロジェクト提案書提出後の取り組みと反響~(2015年3月)

報告書本文pdfアイコン
映像編

福島県で被災した方々に次の支援を行いました



ともに活動してくださったパートナー団体(一部)



宮城県 宮城県教育委員会、気仙沼漁業協同組合、気仙沼市震災復興・企画部震災復興・まちづくり推進課、気仙沼市社会福祉協議会、気仙沼市総務部危機管理課、南三陸町、南三陸町教育委員会、南三陸町社会福祉協議会、宮城県漁業協同組合、宮城県漁業協同組合 歌津支所、宮城県漁業協同組合 志津川支所、宮城県漁業協同組合 戸倉出張所、気仙沼市教育委員会
岩手県 宮古市危機管理課、宮古市教育委員会、宮古市社会福祉協議会、新おおつち漁業協同組合
新潟県 柏崎市市民生活部東日本大震災被災者支援室、特定非営利活動法人地域活動サポートセンター柏崎、 柏崎市社会福祉協議会、柏崎市教育委員会
その他 社団法人マリノフォーラム21

支援にご協力くださった企業からのメッセージ

P&Gジャパン株式会社

ワールド・ビジョンはP&Gのグローバルパートナーであり、以前から信頼感を持っていました。初めて、日本でも被災地の支援活動において協働する機会があり、その専門性への信頼性がさらに深まりました。被災地にまっさきに入り、状況を把握し、必要な支援を洗い出して行動する、その迅速さと行動力は素晴らしいと思います。気持ちはあっても企業が単独でできることは限られています。私たちができることをさらに価値ある支援につなげてくれる、貴重なパートナーとの連携をさらに深めていきたいと思っています。

緊急支援物資をご提供いただいた、
P&Gジャパン株式会社 エクスターナルリレーションズマネージャー 岩原さまより



株式会社ダイエー

お話をいただいてから取り組み開始までの期間が短く、また、初めての業務にとまどうことや十分にご要望にお応えできなかったことも、多々ありました。ただ、ワールド・ビジョン・ジャパンの皆さまの、明るい雰囲気を持ちながらも、被災者の方々の支援に対する真摯な姿勢と頑張り、そして被災された方々からのお礼に背中を押されながら、進めて参りました。ワールド・ビジョン・ジャパンさまとの取り組みが今回限りではなく、将来にわたって継続できればと考えております。

支援物資の調達にご協力いただいた、
株式会社ダイエー 商品グループ副グループ長 土井さまより
(肩書きは当時のもの)



*2013年2月15日、ダイエーとワールド・ビジョン・ジャパンは、今後、日本国内で大規模災害が発生した際、ワールド・ビジョン・ジャパンが実施する被災地に対する緊急支援において、ダイエーが支援に必要な物資(食料品、衣料品、寝具類等)の供給に協力することを定める『災害時における物資の供給に関する協定』を締結しました。

このほかにも40社を超える企業から多くのご支援、ご協力をいただきました。 pdfアイコン詳しくは24カ月活動レポートをご覧ください。

東日本大震災緊急支援募金による活動方針・報告等